Picks
413フォロー
1064フォロワー
システム会社から「故障は4千年に1度」と説明…みずほ銀、他の大手行とは異なり4社に委託
読売新聞
広木 大地株式会社レクター/日本CTO協会 取締役/理事
これをシステム信頼性の算数的な問題として捉えると — 同じ機器により二重化したシステムがある。 この稼働率は4000年に1日非稼働になると予想されている時、一台の稼働率はいくつか?それを「何年に一度」に表記しなおすとどうなるか? = 99.917% = 3.31年に一度 また、一台の非稼働時間が2倍になるとき、このシステムは何年に1日の非稼働になると予想されるか。 = 1000年に1日 —- これはあくまで例題レベルの話だけど、独立した機器が本当に偶発的な理由で動作しない場合、それでも1000年に1日しか起きないようなことになる。 流石にそれがたまたま起きました(たとえば物理的なパーツの破損)ってわけではないとすると、同根の何か理由によって二つの機器が同時に動かないことが考えられる。 たとえば、バックアップ機器の動作確認不良、共通の設定ミス、共通コンポーネントのバグ、切り替え部分のシステム信頼性の低さなどである。そうであれば六年間に15時間ダウンタイムがあることの説明にはなる。 あくまで記者向けの内容をさらに記者が咀嚼した話かと思うので、仕方ないんだけど、障害報告としてみると適切な理路に基づいているとは言い難い
531Picks
NORMAL