ホーム
135フォロー
403フォロワー
生んだら貧しくなる国で子どもが生まれるわけがない…!重すぎる負担を女性に押し付ける日本と「異次元の少子化対策」が完全に見落としたこと
現代ビジネス
中瀬 幸子Avintonジャパン㈱ 代表取締役・大学講師・生成AI 活用普及協会 協議員
日本の1人親世帯の相対的貧困率は48.3%。OECD加盟36ヵ国で最高値。子供がいると、この上ない幸せを感じる一方で子育てしながら働くのはしんどいし、働かないと引け目を感じるし、シングル子持ちの再就職は容易ではない。仕事がないと保育園にも入れられず、認可外は高額。お金の支給も大切ですが、区役所の母親教室や窓口でお金の教育があるとよいかなと思いました。 個人が若いときから受験に忙しく、学校教育に頼りすぎることを程々に、稼ぐ力を身に付けるのも身を守ることになりますね。 今Technovation girlsというNPOで地方の女学生13歳~18歳にビジネスやプログラミングをボランティアで教えています。機会格差に危機感を感じる地方の進学校の女子中校生が課外活動としてアプリ開発を学び実践し世界を目指しています。 彼女達は学校と社会のギャップを早々に理解し課題解決力をオンラインでチームをつくり学んでいっています。このような社会にひかれたレール以外の活動で、社会実装力、チームとの連携、好きなことをみつける機会を社会が提供していくことが 時間はかかりますが貧困解決に必要なひとつかなと考えています。
104Picks
NORMAL