Picks
97フォロー
28フォロワー
​​【衝撃データ】年収800万円以上の人の「スキルと経験」BEST 20 
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1468Picks
【保存版】ザッカーバーグ、ゲイツ…起業家8人の愛読書109冊
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
10532Picks
【解説】誰がECで稼いでいるのか
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1202Picks
【イラスト図解】Z世代が加速する、「社会を良くする」ビジネスが凄い
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4275Picks
【若林恵】エシカル投資のことば
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
272Picks
【席巻】非ネイティブが作った「英文添削ツール」が実用的すぎる
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1880Picks
【解説】今、アフリカの「自動車ビジネス」が面白い
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
659Picks
石油がとれる地域の意外すぎる共通点とは?
Diamond Online
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
172Picks
なぜエルサルバドルはビットコインを法定通貨にすると決めたのか
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
Nakayama Río
昨年までエルサルバドルに住んでいたものです。 こちらの記事はエルサルバドルの現状を正確に描いています。 ナジブ大統領がポピュリストである事は間違いなく、やや強引な政治手腕は批判されることも多い。しかし、長年の右派・左派政権の中で政治腐敗(主に過去大統領の政治資金絡み)に辟易してる国民は多く、何かを変えてくれるという期待を彼に抱いているのだと思います。 背景に関して補足すると、国内での主要産業が育っていないため、優秀な学生はアメリカへ留学など国外へ出て行くという流れがあります。その中で新たな産業の柱の呼び水として仮想通貨に賭けているようです。非常にリスクは高いと思いますが、弱者の戦略としての仮想通貨ということでしょう。 現地ではマラスと呼ばれる複数のギャング組織が貧困ビジネスを展開しています。内戦後、主にみかじめ料など非公式経済の中で、深刻な問題を引き起こしています。彼らはみかじめ料未払いには容赦なく恐れられている反面、貧困層の手助けをしている面もあります。内需経済も外需経済も伸びず、雇用環境が悪く先行きが見えない中で、マラスの仲間意識に惹かれて中学生ぐらいから組織へ入ります(最近ではスマートフォンの普及で、外の世界を知りだいぶ興味を持つ若者は減る傾向にあるとのこと)。 仮想通貨によって明るい未来を見せることができるのか、成功を祈っています。 ↓以下別記事に詳細記載したコメントがあります。 https://newspicks.com/news/5930551/
171Picks
「国家ぐるみのギャンブル」ビットコインを法定通貨にしてはいけない納得の理由
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
Nakayama Río
昨年までエルサルバドルに住んでいました。 ナジブ大統領は支持層は若者を中心とした右寄りの中道派です。ナジブ大統領がこの政策を取った理由として3つあります。  1つ目が、米国の不法移民を含めた出稼ぎ送金経済です。送金手数料不要の仮想通貨からの享受が大きい。親戚も含めると家族の誰かが米国などで働いているという家庭がほとんどです。地方では出稼ぎ送金で暮らし家を建てた人も多い。 2つ目にインターネット普及しているにも関わらず、決済とロジの問題でEC市場化の伸びが悪いこと。インターネット普及率は48%(2019年)、5年で約2倍の伸びです。貧困層とされてる人々もほぼスマートフォンを持っています(iphoneは在米エルサル人や在加エルサル人を通して手に入ります)。tigoなど多国籍通信会社の電子マネーも一部ありますが、小さな市場なので力を入れておらず、用途は限られている状況にあります。国家政策として進める事で決済の普及の可能性に賭けているようです。 3つ目には、ランチェスター戦略でいう弱者の戦略(第一法則)です。エルサルは成長性のある主要産業がありません。 主要産業はコーヒーや砂糖など一次産業、繊維業(マキラドーラ)。エルサルは中米の中でも小さな国であり、ニカラグアのような大規模農業は不可能です。かといってコスタリカのような観光資源はない(ナジブ大統領もサーフシティとして観光を売りにしようとしてますが。ちなみに、観光客としてカウントされてる人数は、ほぼ帰郷する在外エルサル人)。外貨を呼び込み、資源もない経済弱国が発展するには、ギャンブルだとしても注目を浴び、新しいことへチャレンジするしかない。ビジネスでも同じですよね。 エルサルは親日国です。若者はアニメ、年配の方は戦後ボロボロの状況で同じように資源がなく、経済成長を遂げた日本へ共感と尊敬の念を抱いてくれる方が多い。 日本では、治安の悪さやコーヒーしか取扱われる機会がなく、少しでもエルサルに興味を持ってくれる人が増えると嬉しいです。
180Picks
【田口一成】「ハチドリのひとしずく」が世界を良くする
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
368Picks
【必見】ゼロイチの国、イスラエルの先端企業が凄い
NewsPicks編集部
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1316Picks
「日本はもったいない」キャシー松井さんら女性だけで160億円VC立ち上げの理由
Business Insider Japan
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
418Picks
キャシー松井氏らが約165億円のVCファンド設立、ESG重視型
Bloomberg.com
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
151Picks
ポケモンGOのレアキャラが導いた生物学の研究成果 異能の科学者が沖縄にいた
朝日新聞GLOBE+
Nakayama Río
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL