Picks
424フォロー
958フォロワー
【須貝健彦】コンビニは新しい文化を生み出す場所だ
NewsPicks編集部
井口 康孝小売関連@アジア
コンビニは新しい文化を生み出すってのは、まさにその通りで、全国津々浦々、どこにいってもコンビニはあります。日本の中で、東京でも片田舎でも同じものに誰でもアクセスできるのって、コンビニくらい。僕の出身の長野県では、ユニクロは12店舗、無印は6店舗。ファミリーマートは266店舗。そもそも、リーチできる人数の桁が違う。 東京なら、ユニクロも無印もたくさんあるし、ダウンもパーカーもどこでも買えます。でも、地方に行くと、割と簡単に買えません。もし、ファミマで、おしゃれで機能性のあるダウンが買えたら、それなりに良いことでしょ。 コンビニのクリスマスケーキのチラシ見るんですけど、東京のど真ん中にいたら魅力的でないかもしれませんが、ちょっと都会を離れるとめっちゃ魅力的ですよ。普段食べることのない、テレビやメディアに出るお店のケーキが食べられるんですから。そう、コンビニって、1番身近にトレンドを体験できる場所、日本中どこにいてもね。 コンビニの歴史の中で、補充的な買い物から、日用品やちょっとした贅沢を買う場に進化してきたのだから、アパレルが売れない理由もない。規模を活かして、不慣れな領域でも視点を変えて存在感を出すっちゅーのは、面白いですよね。 ただ、アパレルは購入頻度がいかんせん低い。アパレルもいいけど、ファミマはPB全般的な品揃えを強化してほしい。最寄りファミマだから、頑張ってほしい。多分、アパレルはコンビニ運営のプラスになるし、差別ができる分野かもしれないが、主軸にはならん。購入頻度が低すぎる。まぁ、返品有りなら、寒い地域で仕込むってのありでしょうが。この考えが先入観に凝り固まってるのかもしれませんが。 いや、Sopoとか、いろいろチャレンジしててファミマの雑貨自体はすごいと思います。ファミマの100円セレクションも好きですよ、ストーレージコンテナとか。
104Picks
【出前館】シェア争いは終了。これからは「即配」の戦いに
NewsPicks編集部
井口 康孝小売関連@アジア
一般的に、即配にしたらそれだけコストがかかるので、消費者に配達料を上乗せするか、運営会社の利益を削るしかありません。ただ、配達料金に上乗せしたら、売上の伸びが少なくとも鈍化します。いつまでも利益を削っていたら、アンタお金燃やしてるけど、いつ利益出るの?ってなる訳です。いろんなものが、トレードオフ。 僕みたいなパンピーには、勝ち目のないチキンレースにしか見えませんが、それを乗り切るのが、名経営者やビジネスモデルっちゅーこと。 ただ、即配ってコストかかりますよ、ホント。インドで15分デリバリーサービスとかありますけど、センターの前には、配達員がそれなりの数控えてます。FMCGの粗利なんて30%もいきませんが、いくら配達員に払ってんの?くらい払ってるわけで。結局、日用品や食品のECは、Amazonや生協でよくない?ってなるし、レストランの即配なら、都市部のお金持ちをターゲットにするから、客層もボリュームも限られるかなーと思う。 即配やるなら、出前館の黒字化も遠いなーとは思っています。まぁ、こういう発想がパンピーといえば、パンピー。普通に考えたら、ハードル多いし、ハードルが高い。 知らんけど。
569Picks
NORMAL