Picks
245フォロー
165フォロワー
高校就活「1人1社」の弊害
日本経済新聞
YOSHIDA Takashi久留米工業高等専門学校 専攻科生
前に,工業高校から地場企業に就職した友達とランチしたときに,この弊害について話したことを,書きます.  彼曰く,僕は一人一社の方がよかった.なぜなら,選べないからだと.  少々専門性が高くて申し訳ないのですが,工業高校の電気科について考えてみましょう.  電気には交流と直流があります.この交流とは正弦波(サインカーブ(三角関数))で与えられ,複素平面で考えることが基礎になってきます.つまり,交流を議論するには,三角関数や複素平面の知識が必要となり,少なくとも数Ⅱ以上の数学的能力が必要になります.  ですが,数Ⅱの履修まで待っていれば,高校で習う専門分野の内容が終わりません.もっと言えば,工業高校の偏差値は50を切っていることが多く,基礎となる数学の理解にも苦労します.  ですから,公式丸暗記や資格試験の問題パターン丸暗記をベースにした授業が展開され,彼らもそれを受け入れて高校生を過ごします.    僕は,彼の在り方を否定しませんし,少なくとも,僕よりもお金を稼ぎ,貯蓄し,税金を納めている点において,僕よりずっと彼らは社会に貢献していると尊敬してます.  僕がこの場で書きたいことは,確かに一人1社は,時代錯誤だと思います.ですが,自ら考えることが現実問題として難しい高校生に,突然自由を押し付けることは無責任と同義であると思うのです.ですから,現行の制度は変えながらも,完全に大学生と同じようにするべきではない.高校生にあった,彼らに寄り添った就職のカタチは,もっとあるのではないかと思います.
89Picks
高校生がん患者、1割退学 国立センター調査 6割、休学経験
毎日新聞
【溝口勇児】カネの私物化、パワハラ…疑惑をすべて語る
NewsPicks編集部
YOSHIDA Takashi久留米工業高等専門学校 専攻科生
私は、かつてWein StudentSummitの高専支部のメンバーとして、今wein隊のメンバーとして、weinの活動に参加しています。 この中で、一連の報道による現状(主張、意見、憶測、誹謗中傷の全て)をトータルでとてもよいことに、僕は思っています。 実は、私は年末年始の段階で、この内部分裂を非公開情報として、知っていました。 当時も今も、誰が悪いなんて、断定できる訳ありません。あるのは、ただ、溝口さんと、他の人とが対話できていないこと、情報の解像度が低いこと、そして何より、複雑化したWeinという組織です。 その複雑さは、今回の心ない批判に繋がっているかもしれません。 でも、挑戦することは、ベンチャー企業は、オンラインコミュニティは、日本のマジョリティからすれば、全てネガティブな方向に傾きます。 その現状を解決したい、それが溝口さんの考えにはあると、僕は思います でも本来、社会や企業は、そんなもんであり、ましてやカリスマ的指導者を持つベンチャーはなおさらです。 これまでも、フジテレビや、阪神グループ、日産や三菱◯◯など、日本の大企業でのガバナンスやマネジメントに対するゴタゴタはありましたし、度々、日経やNHKや東洋経済、national geographicが動画や記事にしてきました。 ですが、ベンチャーに関する記事や特集はありませんでした。おそらく,大企業以上にあったはずなのに, 内部から小出しにされる情報ではなく、きちんと責任を持った報道のさきに、事実が見えてきてほしい。 ベンチャー企業の素晴らしさが、届いてほしい!。 僕は思っています。 溝口さんや、高岡さん、本田さん、そしてweinという会社を、僕は尊敬しています! だからこそ、こうした記事で、視点を増やして、情報を、より立体的に捉えたい。公開討論があってほしい!。そして、そんなスタートアップの姿が届いてほしいと、強く思います!
1564Picks
NORMAL