Picks
80フォロー
26フォロワー
SaaS市場とセールスフォース、オラクル、SAPなど--主要クラウド動向2021年版(3)
ZDNet Japan
村田 拓紀株式会社サーキュレーション マネージャー
Gartnerの予測によると 2021年にはSaaSの市場は1210億$(約13兆円) まで成長するよう 投資資金もSaaSに傾倒していることもあり より競争が激しくなることが予測されるが 利用者にとっては固定費になる かつ、ツールの数が増えれば業務が煩雑になり むしろオペレーションコストは高くなる そのため当然、より包括的な機能を網羅していることが サービス提供の価値になると考えられるため 提供側はプラットフォーム戦略を取りたくなるから API連携を中心としたアライアンスや買収が加速し 経済の規模を働かせる資金力が競争源泉になりやすくなる 利活用の側面からは 数多くのSaaSやITツール活用は 局所的な自動化に(RPA、AI-OCRとか特に)留まっていたり データ入力やレポーティング、別のツールへのファイル連携など 結局はアナログな作業を必要としているケースが多く 本当の意味でのシームレスな自動化は出来ていないのが現実 そのため、 多様多種な機能連携を展開しつつ AI/機械学習を活用した自動化が重要な戦略になるので 当然ここへの投資が加速する 「データから解釈された重要な選択肢を提供する第二の経営の脳として  経営者の意思決定能力を最大化させる」 ということが SaaS事業者やBtoBITプラットフォーマー達の共通のミッションになる これが 今既に目に見える起こっていることで IDやデータに対する共有と独占のバランスをどう戦略に落とし込んで 圧倒的な競争優位を創出するかが もう一歩踏み込んだ論点というとこでしょうか #新しい働き方 #働き方改革 #IT #DX
17Picks
NORMAL