Picks
6フォロー
22フォロワー
名大推薦入試に女子枠創設へ…23年度から工学部の2学科で
読売新聞
Yamada Shuhei東京大学工学系研究科 航空宇宙工学専攻
私は京大→東大の機械系の工学部で、女性比率は常に少なかったです。例えば京大の航空宇宙同期は20数名中0名。東大の所属研究室は他大も含めて19名中2名。内定先も航空宇宙関連ですが、研究職採用としては僅かでした。 機械系に限らず理系全般においてですが、大学の特に3回生-院までは非常に忙しいため必然的に専攻内・研究室内の狭い空間の人間関係が大切になり、その空間が圧倒的男臭さを誇ることは女性を遠ざけているだけでなく、男性さえも遠ざけていると感じます。多様性云々じゃなくてブランドイメージの毀損ですね。 時限的でいいので10年ほど全ての旧帝の枠を男女半々にして、その後解除した11年目の志願者数、合格者数の男女比率をぜひ見てみたいです。私の予想ではそれでも機械系は6:4や、7:3くらいに戻ると思いますが、現在の9:1や10:0の状況は改善されると予想します。 最後に、このような措置が取られていたら私や理系同志達は京大東大に受からなかったかも知れませんが、出身大学の偏差値が数ポイント減ることで文系並みの華やかな学生生活が手に入るなら、私を含めて"安いお買い物"程度に考える人はかなりいる気がします。公平さ云々言っている方もいますが、ガチな理系にとって"どの専門を選ぶか"に比べて"どの大学出身か"は比較的重要ではありません。
NORMAL