Picks
47フォロー
8フォロワー
「国葬」終わる 政府 費用精査し公表へ 対応の検証も課題
NHKニュース
江﨑 圭一独立系VCインターン 経済学/ファイナンス/MaaS/AI
国葬が終わったので、若者内での雰囲気と個人的な感想を著します。 まず、若者における国葬に対する賛否としては中立の立場が多い印象です。 大半の若者が、特に何の感情も持っていなくいつも通りの日常を過ごしている様子でした。 特徴的だった出来事は、2つ見受けられました。 1つは、菅総理の弔辞に対する感想です。 Twitter・Instagram等SNSで「感動した」という感想を挙げている人が見受けられました。 2つ目は、20代30代の経営者による「安倍総理へのデジタル献花プロジェクト」の立ち上げです。 メッセージ付きでインターネット上で安倍総理への献花ができるという取り組みが行われていました。 (リンク : https://offering-flower.com/) 政治に関心の強い若者が、こちらのサイトをInstagramのストーリーで共有している様子がありました。 個人的な感想としては、野党の国葬反対・ボイコット行動への嫌悪感が強かったです。 というのも、選挙戦中は「民主主義への挑戦」と安倍総理の死を引用していた一方で、今では政治イシューの一つとして取り上げています。 同業の政治家として、自分が殺される立場であったかもしれないにも関わらずこの野党党首の態度には賛同しかねます。 もちろん、支持層のことや党内の結束を第一とするのが党首の仕事です。 ただ、このような方法で結束を取らないとリーダーシップを発揮できないようでは、おそらく与党の座は奪うことはできないでしょう。 ただ、総理経験者として国葬に出席した野田佳彦元首相の判断は素晴らしいと感じました。
169Picks
激安ファッション「SHEIN」で爆買いする若者の本音
NewsPicks編集部
新幹線駅と空港間を自動運転バスでつなぐ 小松で定常運行めざす
レスポンス
600社が株主総会 「バーチャル総会」今年は2割増
産経ニュース
江﨑 圭一独立系VCインターン 経済学/ファイナンス/MaaS/AI
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NORMAL