Picks
244フォロー
153フォロワー
批判殺到の密フェスで「ゴミ大量散乱」 SNSで物議...「現在も清掃している」「残念」主催者は反省
J-CAST ニュース
野田 純也
出演したアーティスト、観客の全てが そうではないと思いますが、  一般常識から外れる事  モラルやマナーを守らない事 を、    カッコいい と、感じる人がこの界隈の人には多かったり、    自分さえ楽しめればいい と、行動している人や、    この行動が自分なりの意思表示だ!!  体制への反発だ!! みたいな勘違いをしている人も いるのかもしれませんね。 残念ながら、自制出来ない、 コロナ禍に対するストレスや怒りを こういったやり方でしか発散出来ない人がいる。 という事なのかなと。 ですが、ここでただただ、 参加アーティスト、観客、主催者、運営を 叩くのは違うような気がします。 そもそも、国はエンタメ業界イジメみたいな 施策を取り続けてきた印象。 一方で、五輪はやってるし、 野球やサッカーは観客入れてやってる。 でもエンタメは自粛してねー、 自粛したとしてもお金は出さないから その辺はなんとかしてねー、 って、国が見放してたのが、 そもそもの発端な気がする。 エンタメ業界への金銭的サポートや、 スポーツを含めた興行における 感染対策のガイドラインを明確にしたり (国、自治体が決めないなら業界内で) 徹底して、徹底出来るなら開催、 そして、それを広くメディアや、 SNSを使って拡散し、 スポーツ、エンタメ含めた、  観客のコロナ禍におけるライブ観賞ルール を、広く、わかりやすく明示出来ていたら、 こうはならなかった気がする。 私は昨年末、 とあるヒップホップのライブに 行きました。 事前の説明はもちろん、 入場時のアナウンスも徹底され、 席は通常の半分、 ライブの最中も観客の声は聞こえず、 拍手のみ。 終了時の規制退場にもほぼ全員が協力し、 問題なく終わったライブでした。 やろうとしたら徹底出来た事をやらない、 ちょっとした緩みから、 問題となったイベントは崩壊したんだろうなぁー 残念ながら、 守れる人が半分以上いたら、 守らない人が浮くから、みんな守るんだけど、 守れない人が一定数超えちゃったんだろうね。
NORMAL