Picks
387フォロー
12741フォロワー
【新プロ・オーナー】国際女性デーこそ「みんな」の経験談を
NPコミュニティチーム
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ライドシェア、自治体判断で導入可能へ 国交省が制度拡充案
毎日新聞
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
NTT西日本 森林社長 辞任の意向 子会社の個人情報不正流出で
NHKニュース
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
子会社(NTTビジネスソリューションズ)の派遣社員がやったこととはいえ、NTT西日本という会社が間接的に雇った人間が業務の中で知り得た情報を不正に流出させた、ということであれば、それは会社のガバナンスやコンプライアンスに欠陥があったという理解をすべきで、その責は代表取締役に及ぶということになる。この点において、子会社であるか本社であるか、正社員であるか派遣社員であるか、という区別はないはず。 しかも、今回の情報流出を許した背景には「アクセスの権限があればデータをダウンロードでき、不正な操作を検知して管理者に警告する仕組みもなかった。作業のログ(記録)も定期的に確認していなかった」という杜撰な管理の仕組みがあった。それが代表取締役の責任追求に繋がったのだと私は理解している。 イチ派遣社員による仕業であっても、こういうことが起これば、監督官庁による行政処分を招き、その結果はグループで35,000人を抱える企業トップの首を飛ばすことにつながる、ということを示す今回の事案は、データを扱う数多くの企業にとって大きな他山の石になることは間違いない。ただ、同時に、会社がやるべきことをやっていれば、結果(情報流出も処分も)は違ったはずで、データの扱いに対し、無闇に恐れる必要はないということも申し上げたい。
219Picks
【独自】イチゴの「Oishii」が200億円を調達した
NewsPicks編集部
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
近くで、古賀君のチャレンジを長く応援してきた一人として、今回の快挙をうれしく思います。なぜ、彼がジャパン・マネーにこだわったのかというと、Oishiiを支える要素技術やイチゴのタネなど、この会社の基盤のほとんどが、日本オリジンのものだからだということです、それを米国で組み立て直して、事業を立ち上げ、その事業は、コンテナを利用した実験室の段階から、ニュージャージーにあったバドワイザーの工場跡を大きな植物工場に成長し、文字通り巨大な半導体工場を思わせる次期施設で、日本の福岡県(県別で栃木に次ぐ第2位)をしのぐ生産体制を構築するまで成長しています。もう世界を狙えるポジションにつけた、と言っても良いはずです。 昨年の3月に、彼とNYのChef's Table at Brooklyn Fare(彼のイチゴの価値を認めて、始めて使ったミシュラン三ッ星のフレンチ)で食事をして、その次期施設を含む今後の事業展開に向けての資金調達を議論しました。そのタイミングはシリコンバレーバンクが破綻し、米国のベンチャーキャピタルが右往左往している時でした。その時、マーケットに引き摺られて、普段付き合いのあるVCの言い値で(当然Valuationなどの条件が悪化しているのを飲み込んで)資金調達するのはやめて、Oishiiの本来の故郷である日本の官民のお金に期待して動いてみようという、という話を二人でしました。以来1年、要素技術のもとであるメーカー系のファンド、そのメイン取引先の多くの金融機関、環境や研究開発型スタートアップを支援する政府系ファンド、政府系金融機関から、流通で接点のありうるプレーヤー、果物の目利きで日本を代表する老舗、植物工場の建設(文字通りのプラント建設)に関心を持つ大手不動産など、日本中をくまなく行脚し、今回の200億円が集まったというのが真実です。 今回は、日本企業しか投資をしなくなった、のではなく日本マネーにターゲットを絞ったマーケティング戦略の勝利です。日本の技術というタネをアメリカで蒔いて、育てたOishiiは、今回の資金調達で一年前には想像できなかったような日本との繋がりを得て、新しい動き方をするようになると思います。彼らにとって、日本は実家のような存在になるはずです。 古賀君とOishiiの今後に期待したいと思います。
533Picks
NORMAL