Picks
1226フォロー
6552フォロワー
中国ラッキンコーヒー、23年7~9月期は増収増益 店舗数1万3000店突破
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
王 士銘Telehire.jp 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ビンラディンの手紙がTikTokで急浮上、テロに「共感」するZ世代も
Forbes JAPAN
王 士銘Telehire.jp 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【2025年開業】未来型実験都市、「TAKANAWA GATEWAY CITY」の正体
王 士銘Telehire.jp 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
301Picks
アリババ23年7~9月期は黒字転換、米半導体規制でクラウド事業の分割は断念
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
王 士銘Telehire.jp 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
韓国、犬肉の食用禁止目指し年内に法案提出=与党幹部
Reuters
王 士銘Telehire.jp 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
オープンAIのアルトマン氏復職交渉が暗礁に-取締役会の役割で
Bloomberg
王 士銘Telehire.jp 代表取締役社長
マイクロソフトはこの状況に困惑しています。最大の投資者として、一般公開よりわずか5分早い情報しか得られていません。解雇の決定が下された後に、マイクロソフトはただ礼儀正しく通知されただけです。何十億ドルもの投資にもかかわらず、基本的な人事決定には関われていないというのは、皮肉な状況です。 現在の進展としては、マイクロソフトはようやく状況を理解し、1日を費やして評価した結果、この取締役会の管理方法が幼稚すぎると判断しました。そのため、流された王を再び迎え入れることを決定しました。マイクロソフトは将来的に少なくとも1つの取締役会の席を求めるでしょう。他人には寛容ですが、自分たちには厳しいです。 実際、可能ならば、マイクロソフトは人事争いに介入したくありません。彼らはOpenAIが安定して発展し、AI時代においてマイクロソフトと協力して大きな影響を与えることを望んでいます。しかし、OpenAIの権力争いはあまりにも表面的で、この騒動はマイクロソフトや他の投資家の利益に直接影響しています。そのため、Sam Altmanを再び権力の座に戻すことは、投資家間での一致したコンセンサスとなっています。 今後は、その道化師のような取締役会の構造を改革することが必然となるでしょう。
126Picks
NORMAL