【櫻田潤】「掛け算」の時代に欠かせないクリエイティビティ

2017/1/8
(1)「掛け算」発想が当たり前に
産業の垣根が融け出し、大融合が始まりました。加えて、AI、ブロックチェーンを筆頭に、何かと組み合わさることでビジネスになるテクノロジーが研究フェーズから製品フェーズに移ろうとしています。
フィンテック、ヘルステック、エデュテックのような「○○ × テック」という言い方も「掛け算」の発想です。この「掛け算」の時代に、求められるクリエイティビティとはどのような性質でしょうか。
アイデアは「組み合わせ」とは古くから言われていることです。Amazonは「本×通販×インターネット」、UberやAirbnbは「○○×シェアリング」、iPhoneも発表時プレゼンでは、スティーブ・ジョブズが3つの組み合わせで製品を紹介しました。
この「掛け算」発想が、冒頭で述べたように、産業の融合、組み合わせやすい新テクノロジーの登場によって、特別なことではなくなってきました。ある程度インプットのある人たちが集まって、ポストイットを壁に貼って、その中から組み合わせをつくっていけば、それらしいアイデアが出来上がります。
クリエイティブの真価は、掛け算が成立するかの判断と、それを形に仕上げるプロセスにあります。
「掛け算」発想が当たり前になったお陰で、クリエイティビティの見せどころがアイデアよりも「掛け算」の実現にあることに目が向くようになったのはよい流れです。
(2)デザインに対する期待は続く
では、「掛け算」を成立させるには、どのようなアプローチをしたらよいのか──その答えのひとつが、ここ数年のコンサルティング会社などによるデザインファームの買収・出資です。
昨年の博報堂DYホールディングスによるIDEOの持分法適用会社化に関しては、発表直後の下記寄稿記事も参照ください。
【馬場渉】博報堂のIDEO出資が示す、人・ビジネス・テックの大融合
デザインの役割を広く捉え、「掛け算」を成立させるための道のりと考える動きが、これらの買収・出資によって、重要だという空気ができてきました。
彼らが期待するのは、製品やサービスの見た目(外観)をよくすること以上に、デザイナーのような直感と論理を組み合わせた思考を開発プロセスに取り入れることにあります。
産業、テクノロジーの融合のために「掛け算」は欠かせません。一流のデザインファームから思考プロセスを学ぼうとする傾向は2017年も続くでしょう。
(3)働き方の変化が追い風に
ここまでで挙げた、買収・出資のような企業間の大きな動き以外に、雇用の流動性の高まりも、「掛け算」を活性化する追い風になります。
転職や副業、自分のプロジェクト運営、コミュニティ参加によって、複数の視点、知見、体験をしている人材は、それぞれを中途半端にやらなければ、「掛け算」時代の寵児となります。
デザイン思考では、プロトタイピングを繰り返して、失敗から学んでいきます。働き方の変化は、時間の使い方を見直すよい機会です。意識して実験を行える環境やプロジェクトを持っておくことが、いざという場面で役立ちます。
2014年にエリック・シュミット(グーグル元会長・現アルファベット会長)が共著で出した『How Google Works』には、「スマート・クリエイティブ(専門性、ビジネススキル、創造力を併せ持つ新種のナレッジ・ワーカー)」を生かすオフィスのコンセプトが述べられていました。
それは、あえて席を密集させて、集団の化学反応が起こるようにするというものでした。その代わり、そこで刺激を得たら集中モードに入れるように、たくさんの個人作業用のスペース(本の中での表現では“隠れ家”)を用意したとあります。
こうした「掛け算」を活性化するオフィス思想も働き方改革と並んで、注目されるようになっていくでしょう。
(バナー写真:istock.com/didecs)
櫻田潤(さくらだ・じゅん)
NewsPicksインフォグラフィックス・エディター

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年より「ビジュアルシンキング」運営。2014年12月よりNewsPicksに参画。主にインフォグラフィックスを用いた記事を執筆。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか
2017年大予測
  1. 【柴沼俊一】2017年は「限界費用ゼロ社会」が本格的に到来
  2. 【小泉悠】2017年のロシアを見通す
  3. 【須藤憲司】2017年のマーケティング業界の3つの論点
  4. 【中野円佳】2017年のダイバーシティ推進、3つのキーワード
  5. 【永濱利廣】2017年、日本経済のリスクはトランプと欧州政局
  6. 【松岡真宏】ECが「2つの意味」で既存小売を破壊する
  7. 【海部美知】シリコンバレーは緩やかに「秋」から「冬」に向かう
  8. 【野﨑浩成】マイナス金利、銀行への本当のダメージはこれからだ
  9. 【岡部恭英】日本サッカーは「大転換期」を迎える
  10. 【安井明彦】トランプ大統領誕生。米国経済はどう変わるか
  11. 【堀部太一】生産性向上は待ったなし、飲食ビジネスの未来
  12. 【若林秀樹】電機業界のこれからのヒントは“中国”にある
  13. 【麻野耕司】今年はHRTech元年。来年はその真価が問われる
  14. 【佐々木融】2017年は再び円高へ。年末には100円割れか
  15. 【小野雅裕】世界初、民間企業の有人宇宙飛行は実現するのか
  16. 【野嶋剛】習近平の「独裁」は完成するのか
  17. 【小宮山利恵子】いまこそ問われる「学びとは何か」
  18. 【菅原出】「ローンウルフ」によるテロは2017年も起こるのか
  19. 【太田直樹】データ駆動社会が本格化。注目は「マイナンバーカード」
  20. 【藤沢烈】稼ぐ地域に転換できるか。来年は地方創生の正念場
  21. 【前嶋和弘】トランプ大統領が既存の党派対立をかき回す
  22. 【鳩山玲人】進むメディア再編。2017年もディズニーが強い
  23. 【工藤啓】「44歳までが若者」時代の若者支援
  24. 【岡村聡】2017年もドル高継続。米国株が最も魅力的
  25. 【高宮慎一】残されたネットのフロンティアは「ファンビジネス」
  26. 【中西孝樹】日本は3陣営へ集約。自動車・世界再編の行方
  27. 【角井亮一】物流ディスラプション元年。主役はアマゾン
  28. 【川端隆史】堅調なASEAN経済、TPPに換わりRCEPへの期待高まる
  29. 【徳力基彦】メディアと広告に求められる「量から質への転換」
  30. 【関谷英里子】今すぐ守ってほしい「英語学習のマインドセット」
  31. 【川端隆史】タイの政治的亀裂、スキャンダルに揺れるマレーシア
  32. 【中島大輔】未熟な侍ジャパンはWBCで勝てるのか
  33. 【徐東輝】「投票」だけではない、若者の政治参画
  34. 【津上俊哉】「痛み先送り」の中国経済を襲う2つのリスク
  35. 【近藤正規】インド、2017年も高成長に期待
  36. 【木崎伸也】日本代表はロシアW杯に出られるのか。決戦はサウジ戦
  37. 【真鍋大度】リオ五輪で確信した「日本型ライブ」の真の強み
  38. 【宮田拓弥】3つの「Go」に見るGAFAの時代。次の主戦場は「家」
  39. 【塩野誠】2016年のビジネス総ざらい。年初の予想は当たったのか
  40. 【軍地彩弓】消費者目線のファッションビジネスが時代を変える
  41. 【森川潤】ピコ太郎に続く、「世界的」音楽家は登場するのか?
  42. 【山崎元】2017年版、個人のお金の運用戦略
  43. 【矢野和男】本物のAI、偽物のAI
  44. 【塩野誠】2017年は世界秩序の転換の年になる
  45. 【佐々木紀彦】近代の第3ステージ、「日本3.0」が始まる
  46. 【慎泰俊】東南・南アジアの途上国の2017年は米露中関係に注目
  47. 【広木隆】2017年、日本株相場も米国金利も上昇するだろう
  48. 【神田昌典】次の時代を作るのは、30代と40代
  49. 【牧野泰才】ポケモンGOが切り開いた、場所とARの組み合わせ
  50. 【柳内啓司】AbemaTV 対 LINE LIVE、勝つのはどちらか
  51. 【遠藤乾】欧州複合危機はつづく。天王山はフランス大統領選
  52. 【西田亮介】高度化する政治の情報発信。求められる報道の形とは
  53. 【重松大輔】シェアリングエコノミーが日本で成長する条件
  54. 【成田洋】カジノ誘致、銀座動向。2017年の不動産市場を占う
  55. 【NYT】2017年を表すカラーは「グリーン」だ
  56. 【竹内純子】注目は、ガス小売り自由化、東電問題、地球温暖化
  57. 【大室正志】2017年は「俺寝てない自慢終息宣言の年」となる
  58. 【福井健策】「ネットの時代」の著作権は、今後どうあるべきか
  59. 【武内和久】社会保障が、今後の日本経済を左右する
  60. 【豊田剛一郎】医療サービス従事者の「信念」が問われる年に
  61. 【佐藤留美】「働き方改革」でサラリーマンの生活はこう変わる
  62. 【馬場渉】日本企業よ、大企業イノベーションは岡田武史に学べ
  63. 【上山信一×おときた駿】小池都政に「80点」を付ける理由
  64. 【増島雅和】法整備も間近。銀行は仮想通貨ビジネスに参入するか
  65. 【梅本優香里】2017年のアフリカは、スタートアップの投資に注目
  66. 【上山信一×おときた駿】2017年のキーワードは「攻めの都政」
  67. 【田原総一朗】憲法改正と天皇陛下の退位問題はどうなるか
  68. 【石破茂】“シン・ゴジラ騒ぎ”を超え、本質的な議論を目指せ
  69. 【櫻田潤】「掛け算」の時代に欠かせないクリエイティビティ
  70. 【阪根信一】主婦を洗濯物から解放する、「ランドロイド」の誕生秘話
  71. 【加藤出】米FRBが15回も強調した、世界経済の「不確実性」
  72. 【池内恵】中東政治の軸はロシアとトルコ、米国の覇権は希薄化
  73. 【NYT】2017年の欧州を襲う「ポピュリズムの波」
  74. 【アマゾン幹部】デジタル決済は、ショッピングの「未来図」を創り出す
  75. 【佐々木紀彦】有料、リアル、人。メディア業界の「3つのトレンド」