新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ご高覧頂いた皆様、コメントを頂いた皆様、週末の貴重なお時間を頂き誠にありがとうございました。「大予測」というよりも、現場で議論されそうな事象を執筆させて頂きました。

他にも、STEAM教育、アクティブラーニング、特別支援学級、大学入試制度改革、学習指導要領、生涯学習など教育領域でも多くのテーマがあり、それぞれ注目しています。

2016年は、私にとって現場を拝見させて頂くことを旨としてこれまでにないくらい国内外を移動しました。最新の情報を肌感覚で持っておきたいということもそうですが、ネットで多くの情報が得られるとはいえ、やはり教室を訪問したり、子どもや先生、親、教育関係者と接することで机上では得られないことがあると再認識しています。

また、今年はリクルートに転職して1年目ということもあり、重要だと思うことや今後もっと学びの中で必要になりそうだと思うことは全てやってみたいという気持ちが強く(もちろん全てどころか、出来たことを数える方が早いです)、意識的に飛び回りました。

この記事は、そのような日々の活動を通じて私が感じていることを書かせて頂いた次第です。

皆様のコメントを参考にさせて頂き、これからも「学びとは何か」を自問しながら活動に尽力していきたいと思うととともに、「スタディサプリ」を通じた現状の教育の課題の改善等も行えたらと考えています。

最後に、年末のお忙しい時期に編集を担当して下さったNewsPicksの皆様に心より御礼申し上げます。
アダプティブラーニング(習熟度別学習)は注目したいキーワードです!
個人的には、「大人の学習環境」にどのような変化があるかに関心があります。
大人が会社(組織)に依存しないで学習をする環境などは、テクノロジーの力で大きく変わってくると考えています。

関連する動きとしては、2016年はMicrosoftがLinkedin買収。
「Personalized eLearning for every employee」をコピーに教育分野に力を入れ始めています。
サイト→https://learning.linkedin.com/product-overview

参考:LinkedInが教育分野での勝負に出た、デスクトップサイトもリニューアル
https://newspicks.com/news/1794766?

子供に最先端のテクノロジーを活かした学習環境をつくるためには、大人が最先端の学習をしていることが大切だと思います。
最終的には、子供と親が一緒に学び合うような環境を創っていけると良いですね。
これからの学習を考える上で参考になりました。個人レベルでの学習は、益々効率的な方法が開発され、広がっていくように思います。

一方で学校現場は、ツールが開発されても直ぐには変わらないと考えられます。ひとつにはコスト。そして、もう一つが教育する側の理解、技術の課題です。

小宮山さんも指摘されているように、日本の教員の忙しさは異常なレベル。新たな手法や技術は負担を軽減してくれるものもありますが、それも一時的にはツールを使うためのインプットが必要。今の日本の教員に、その余裕があるようには思えません。

2017年、教育も明るい未来を描きたいですが、そういう点で楽観はしていません。個人レベルの学習の質向上が格差拡大ではなく格差是正に進むようなイノベーションを期待したいです。
個人的にはアダプティブラーニング、大賛成。自分の「学習」の原体験は幾つかある。初めは公文で、それこそアダプティブラーニングだったと思う。また、よかったなぁと思うのが、算数・国語・英語の3つをやっていたのだが、同時にやったのは2つ。やっているときに分からなくて「やりたくない!」って思う瞬間がある。そのときに、科目変えてみるかという「逃げ道」があったのは、今にして思えばよかった。
そのうえで、学校だったり予備校の先生が、「これはなに?」と聞いたときにかなり答えてくれた。好奇心が旺盛だったので、自分で好きなものをどんどんやっていたが、そのときに「それは今勉強していることに関係ありません」ではなく、一層の刺激を与えてくれたことは本当に幸せだった。
学ぶことは楽しい。基礎を一定できるうえで、楽しいと思えることを探して、そこを学び続ける環境を整備することは、国として最重要課題だと思う。
『「アングリーバード」で有名なフィンランドのゲーム会社Rovioは、ゲームラーニング事業を中心とするLightneerを2015年に設立したが、同社社長のLauri Jårvilehtoは、2016年12月にフィンランド・ヘルシンキで開催されたスタートアップのイベント「Slush」で、学びとは何か、次の3つのテーマを元に話していた。①学ぶことは楽しい②学びには努力が必要である③誰ひとりとしてバカな人は存在しない。』
定量的に把握できること、また過去データから類推しやすいモデルを、機械学習(マシンラーニング)は作りあげやすい。これを教育に応用するのは、個人的には、かなりの注意が必要かと思っている。この小宮山さんによる、2017年の課題の整理は、教育がどのように誤って進化していく危険性があるかを教えてくれる。
教育投資が充分に行われれば色々出来そうですね。学習到達度に対応した少人数クラス、詰め込みではなく引き出すことに重きを置いたディスカッション形式の授業、タブレットやVRを使った遠隔授業などなど。ただ個人的な予想としてはAI&BI社会の頃には高齢層が教育現場に自然と集まり子供達を支え導く役割をこなし、そんな役割により高齢層にとっても生き甲斐や張りが生まれ認知症発症の予防となるような社会になると思います。このような世代を越えた助け合い、支え合いは昭和の3世代同居の時代には当たり前でしたがそれを社会的に再現する形になるのだと思います。
ツールは様々にあっても、これがないといけない。先生もそうだが、親や周囲の環境の影響も大きい。

「学びが個別化された時に、生徒が何を好きで、何を学びたくて、何が強みで、何が必要かということを教師は見つける手伝いをする。教師の役割は、生徒の興味と教育の基準(日本で言う学習指導要領)に沿ったプロジェクトを設定してあげることだ」
「VR等を用いることで気がかりな点がある。それは、まず12、13歳以下の子どもが利用すると斜視になる可能性が指摘されている点だ。3D映像を両目で見ることにリスクがあるようだ。
そして、年齢に関係なく人によっては「VR酔い」と言われる酔いが発生する可能性がある。また、VRを用いるためのヘッドセットが教育現場で使うには高価である点も利用する上で障害になる」
非常に参考になる記事でした。一方でテクノロジーの利用以前に、先生や大人を信頼でき無い子供たちも数字には出てきていませんが、少しずつ増えてきている事は肌感覚として感じるところがあります。

いわゆるエリートの人たちに見え無い世界に対しての教育的アプローチも来年度以降は本格的に取り組む必要があると個人的には思います。
バランスの良いレポート、大変勉強になりました。
教育現場からすると多くの技術がポテンシャルあるのにイマイチ過ぎて使えないと感じるのは、業務を変える大変さとかリテラシーの差とかもありますが、何よりそのサービス設計の前提となる、人間教育に対する哲学の方向や深さの違いに起因する場合が多いと感じます。
本当に特定の知識スキルを身につけるだけなら、既に使えるサービスは色々とあると思います(とはいえ、計算1つとっても、これで決まり!みたいなのは未だにありませんが)
技術を持つ人が教育者になったり、教育者が技術を身につけるということをしないと、このレポート内でも示されている「技術側」「現場側」の溝は、ちょっとした意見交換では埋まらないもんだな、と感じています。そしてそれは、教育における技術の活用が遅れてきた大きな要因の1つでもあると思います。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。