新着Pick
582Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicksの年末企画「2017大予測」に「GAFA」というテーマで寄稿しました。GoogleやFacebookが強いというのは語り尽くされたテーマではありますが、一年を振り返ってみるとさらにその強さが際立ってきていることを痛感します。来たるべき2017年を考える参考になればと思います。
二点、一つはGAFA、もう一つはAlpha Go及びAI。
GAFAは、去年の今頃はFANGという言葉が華やかだった頃だと思う。Netflixが落ちてAppleが戻った。株価的には、Netflixは年間で10%未満の微増、他社も同程度。言葉ができるほど注目され期待が先行し、期待未満でも以上でもなかった結果という印象。
Alpha Go及びAIは、実際はまだ黎明期だと思うが、期待値はバブルだと思う。黎明期と思うのは、例えば関連する半導体は、まだ乱戦の状況(①)。一方で「仕事が脅かされる」「何でもできる」といった議論も出てきて、リアルの世界の友人・知人ともそういう話が出てくる=期待値はバブル。ただ、バブルは弾けるまで続くという自戒も込めての認識。
社内で機械学習の専門家と話したり、自分自身の感覚としては、「何でもできる」とかは全く思わないし、最近その思いを強くしている(②などで書いた点)。進化はしているが、機械と人間では脳の使い方が異なる。どこかで「消費電力が違う中であれだけ戦えるのは、むしろ人間の脳の勝利といえる」と書かれていたが、本当にその通りだと思う。チェスは20年近く前にトッププロが機械に負けたが、将棋は駒を再度使える複雑性から時間がかかった。でもチェスと将棋のトッププロで、脳として大差はないと思う。こういった完全情報状態のゲームでこれだけ時間がかかった。そうではない現実で、かつ他の人と協働するためには感情も重要。活用はあっても、「何でもできる」は幻想だと思う。
最近議論する中で思うのは、人間が強いのは、抽象化する力と捨てる力。だから少ない消費電力でも極めて効率的に判断できる。少量の情報でも関連付けができ(多分関連情報との紐付け・活用が上手く、直接的なものが少なくても、正確な判断が出来る)、統計処理のために物量が必要な機械とはそこが異なる。そこも機械でできるようなジャンプがあると、状況は一層変わるだろうが。
来年末には、これが落ち着いているか?年末のPDCAポイントとして振り返りたい。
https://newspicks.com/news/1977042?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1968948?ref=user_100438
私は1番の難関は家と車のIT化の進歩、特に家は相当なハードル。IT業界だけでなく、家電メーカー、住宅メーカー、家具メーカーを全て巻き込み、そしてそれが全て新規に揃わなければいけない。
消費財?として最も高耐久商材でサイクルが長期のため、足の長い話であり、2017年のトピックスとして語るには壮大すぎるでしょう。
次の主戦場は『家』、というか宅内のコンピューティング環境に発展の余地、大きなビジネスチャンスがあるのは明確。ただし、この領域こそ一社で専有できるものではなく、『共創』で発展させていくアプローチが必要です。ホームコンピューティング、ホームエンターテイメント、ホームオートメーション等、言葉は違えど、何十年も前からその時代のトップ企業が多く取り組んでいましたが、殆どの家庭の環境はまだまだサザエさんの時代と殆ど変わりません。テクノロジーだけではなく、ソリューションの提供の仕方、『共創』の仕方にイノベーションが必要です。
今年も本当に強かった「GAFA」でありました。
来年以降も、一層の発展が見込めるのでしょうね。

個人的に注目しているのは、VRのSNSです。
いながらにして、身近で会話をしているような体験ができるようになるかもしれませんね。
多くのビジネスチャンスを生み出しそうです。
(特に風俗系ビジネスには大きなチャンスがあるかも)

もっとも、一人で部屋の中でゴーグル付けて寝転びあーだ、こーだ」と独り言を喋る姿は、かなり不気味かもしれません^_^;
宮田さんの記事、視点いつも学びが多い。

やはりこれからの時代、Technology がオフラインの世界にどんどん浸透して、融合していく。オンラインの世界からオフラインの世界を考え、変えることが出来るようなる。私の考え方で言えばやはり新しいEC=Engagement Commerce の時代が本格化しますね。

楽しみです。
主戦場が家とするなら、日本では操作される側の機器、アダプタとなる製品が追いついていないと感じます。今年の半ばにGoogle Home、Amazon Echoが発売され、来年にようやくホームアシスタント元年になりそう。
Google Homeはpixelの発売、Google Assistantの日本語版が開始されない事には始まりようがないですね。
ホームアシスタントでは、GAFA以外の新たなプラットフォーマーが登場するかも。
スマホでは、デバイスOSとアプリが強く依存していたのでデバイスOS毎のApp Storeが存在した。一方、ホームアシスタントでは、デバイスが音声認識という単純なインターフェースなので、アプリ(スキル)がデバイスにあまり依存せず、デバイス横断型のプラットフォームを提供する新興企業が登場するかも。
確かに意外とまだまだ未開拓。「人々が平均16時間を過ごす「家」というデバイスのスマート化」家と宇宙、という極端なマーケットが伸びてきそう。
宮田さんは、シリコンバレーを一番整理して
日本に伝えてくれるVC。これからも情報を
期待したい。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。