新着Pick
953Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「2017大予測」というNewsPicksのインタビュー記事に掲載されました。2017年も引き続き、スペースシェア、ライドシェア、スキルシェア、モノのシェア、お金のシェア、ミールシェア等、あらゆる余剰生産物や遊休資産の活用が進化して参ります。これは世界的な大きなトレンドで、アメリカのみならず、特に中国は凄まじい勢いで成長しています。日本は他国と比べて遅れがちですが、「実名制SNSなんて絶対日本では流行らない」と言われていたfacebookがあっという間にインフラになったように、若干の時間を要しますが、確実に普及していきます。既に「副業」としてシェアサービスを提供する人や、マイクロアントレプレナーも増加しており、消費者はリーズナブルかつ「賢い」消費をすることが出来ることに気づいてきています。また、地方自治体は今後の人口減少、少子高齢化による大幅税収減を見据えて今までの「公助」から「共助」への仕組みづくりを早急に整えなければなりません。政府も「シェアリングエコノミー促進室」を設置し、本気で取り組んでいきます。2017年はシェアリングエコノミーの普及が日本においても急加速していく大事な年になると思います。ということで本年も宜しくお願い致します。
地方で、シェアリングエコノミーが普及する条件について。法律の整備は、もう進みます。この先は、民泊なら地域の旅館/ホテル、ライドシェアなら地域のバス/タクシー事業者を巻き込むことが必要になります。これは、政府と自治体だけでは進みません。地域ごとの「シェアリング・コーディネーター」が、地域内の合意形成を目指していく必要があります。RCFも、そうした役割を担いつつあります。
記事とは直接関係ありませんが、今年の家族目標は「シェアリングエコノミーを使い倒す」に昨日決定しました!
Airbnb、Uber、メルカリ、スペースマーケット、空き家手帳などは積極的に活用してレジャーや生活を楽しんでいき、日本のシェアリング経済発展に貢献したいと思います笑

シェアリングエコノミーという言葉を語る(コメントする)けども、自分では利用していない・・・という人は多いのではないでしょうか?
シェアリングが日本で成長する条件は、シンプルに積極的に利用する人が増えることだと考えています。

シェアハウスブームの時は、規制がどうこう言われる前に、若者が積極的にシェアハウスを選択し、自分たちでつくってみる!ということをやっていた。そして、この暮らし方が自分たちのスタイルだと誇りをもっていたと思います。

今のAirbnbやUberをはじめとしたシェアリングサービスには、このユーザーが主体的にサービスをつくる勢いが感じられません。
シェアリングサービスは口コミやコミュニティを中心にしたマーケティングが機能しないと広がらない。

・ユーザー側は規制ばかり気にしないで積極的に使う
・企業側はコミュニティをマネジメントすることに集中する
この2つが大切になってきそうですね。
中国のシェアリングエコノミーがすすんでいるのに驚愕しました。

シェアリングエコノミーは、本稿にあるように「正直なシステム」であらねばなりません。

「嘘が通らない」ブロックチェーンを組み込めば、今のような中央情報センターは不要になって、完全な「個人と個人」のビジネスが実現するとも言われています。

とても楽しみな未来です\(^o^)/
Traityという会社がこういう「クロスプラットフォーム信用」の認証をビジネスにしようとしているようです。
https://traity.com/
他に、TrustCloudというベンチャーもありました。
こっちは、今webを調べたら、トップページしかないので、活動停止したのかもしれません。https://trustcloud.com/

「信用」が個々のサイトごとにつくられるとなると、使い始めたばかりの人(ホストもゲストも)の信用が評価できないので、「クロスプラットフォーム信用」は社会的に必要だし、ビジネスになりえると思います。
ただ、本人がコントールできない「ブラックリスト」が出回ると、「やり直しができない社会」になりそうで、怖さも感じます。

****(以下、引用)****

──重松さんは以前、「シェアリングエコノミーには今以上の“誠実さ”が求められる」と述べていますが、その真意は何なのでしょうか?
重松「シェアリングエコノミーのサービスではレビューが評価としてずっと残りますが、これが今後はどこかで統一されていくと思うのです。
それがIDのようになり、その人のソーシャル・トラストになっていくわけです。」
「性善説が通じるか」は、シェアリングにおいて重要だと思う。不信感があれば、それを選別できる人以外にサービスは広がらない。逆に不信感が少なければ、便利だから使ってみようと思うし、多くの人が使っていれば自分も使ってみようと思う。
「性善説的か」というのはインターネットそのものだとも思っている。もちろん、中には悪用する人もいる。だが、基本的には良い人が多く、悪用への対策がされていくものは、普及してきたのがインターネットの歴史。その観点では、サービサーとしてAirbnbは上手だと思うし、Uberについては自分はあまりポジティブに見ていない。
日本は一般論としてはムラ社会的なところがあり、所有へのこだわり、他の人が使ったことへの抵抗感があるかもしれない。一方で、そのムラの範囲をどう捉えるか、またもったいないという気持ちもある。古本屋などの業態が成立していたことから、一般認識がどっちに進んでいくかが分水嶺。
アメリカに行くとUberが手放せない、日本で過ごしてるとUber立ち上げない。やっぱり日本のタクシー便利ですね。
個人的にはマネタイズの状況は分かりませんが、ドコモのシェアサイクルは成功だと思ってます。いつも相当数が利用されている状態。
シンガポールでのシェアリングエコノミー体験記は、過去に記事にしました。是非お読み下さい。シェアリングエコノミーは議論しているだけでなく、兎に角、体験してみないと短所も長所も分かりません。日本ではかなり限られたものしかありませんが・・・

「シェアリング体験1ヶ月 in シンガポール」
https://newspicks.com/user/9327
これは深刻だと思う。
ドイツではかなり進んでいる。

例えば、相乗りの様なアプリがある。
その日どうせ、ミュンヘンまで行くから
格安で同乗できる。

日本人の自分流でやりたい、こだわりや
気を使い、気疲れの様な文化が邪魔している
様に思える。
法制度の問題や既得権益の強さなどもあり、シェアリングエコノミーに対する日本の動きの遅さはある意味凄いです。海外に1年行って戻ると、逆浦島太郎状態になりかねません。

ベトナムでは、タクシーも非常に多い中、グラブとUberがどんどん利用されています。Uberが入ってきたことで、競争にさらされたタクシーの配車アプリが非常に便利になり、私個人としては逆に安心感のあるタクシー利用が増えています。

信用性は重要ですが、他国で発展しきったモデルを日本に導入する、という流ればかりでは…と思ってしまいます。
そういった意味でも、メルカリは素晴らしいです。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。