新着Pick
497Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2017年大予測という事でNewspicksに寄稿させて頂きました

まあ、大体こういった予測というのは外れるので、何かを当てに行くというよりも自分が今1番興味あるテーマから掘り下げていくという事にしました

ご笑覧下さい
ちとテーマが広すぎたでしょうか。逆に「マーケティング業界とはなんぞや」ということばかり気になってしまいました
経営用語のなかでも「マーケティング」ほど、定義のぶれる言葉もないですね
狭義ではプロモーション的な意味だし、もっと掘り下げれば以前ネスレ高岡さんが語っていたように「マーケティングとは問題解決だ」みたいにになってしまう
語源を辿れば「market」+「ing」なので、市場で売るためのあらゆる行為を指し、そんな「業界」ねーよ、となってしまいます
ちなみに2016年大予測のマーケティング記事はこちらですね。
2016年、マーケティングは「原点回帰」する(武井涼子)
https://newspicks.com/news/1321250

2017年のマーケティング業界にとって一番の注目ポイントは、USJを退任した森岡さんがどの業界に移るのかということにあるかと笑

少し真面目にコメントすると・・・

①大きな流れはオートメーション化と統合化で間違いなし
昨年の記事でも予測されている通り、「オートメーション化」は必然の流れ。
ネット広告の手法やメディアが増えてきており、統合的に管理し、自動で分析とレポーティングをするツールは2017年に一気に進化すると予測しています。
ここに、マーケティングデータだけではなく、営業データや財務データなども統合されていくはずです。

②統合データの分析・戦略立案ができる人材不足は全組織の共通課題
分析できるデータは増え、統合される流れではありますが、圧倒的に使いこなせる人材が不足している。
代理店側の動きとしては、アクセンチュアデジタルや電通デジタルなどの、統合的・戦略的にクライアントを支援するサービスが本格的に始動したのが2016年。
2017年は海外で一般的な指名代理店制(Agency of Record)が、さらに需要が増えてくるのではないかと考えています。
それだけ、デジタルマーケティングを取り巻く環境は複雑化している。

③テクノロジーはブロックチェーンに注目
2017年に一気に変化は起きないかもしれませんが、ブロックチェーン技術はマーケティング業界も無視できなくなってきている。
実際に、ネット広告とブロックチェーンを組み合わせたサービスの実験も始まっています。

ブロックチェーン技術を活用した、日本から始まる未来のお金「c0ban」
https://newspicks.com/news/1831524

ブロックチェーンにより、広告がアセットの価値を高める役割を担える可能性もあり得そうです。

オートメーション化、統合化の流れにブロックチェーンが絡んでくると、広告宣伝費という考え方が一気に変わると予測しています。

以上、好き放題、根拠薄めでコメントしてしまいました。。
マーケティングは、オートメーション化に進む!との予測。
私は、まったく逆を唱えます・・・。

実は、地方では、手渡しハガキが、極めて有効。しかも粗利率が高い。
CPAを計算したら…、デジタルとは比べものにならない逆転現象が起こっています。
アセットの利用価値を高める、というのはマーケティング業界というより企業の再生やさらなる成長においては不可欠ですね。
いつも伝統的な企業を見ていて思います。有形、無形、というバランスシートにのるアセットだけでなく、さらにBSにのらないアセットをたくさん持っているな、と。あれをこう使えばいいのに、と。
逆に、工場や施設や土地など、使っているものや競争力があればいいんですけど、それを失っている場合は早く現金に変えて再投資すればもっと良くなるのに、と思います。
人、モノ、カネはいつまでも永遠のテーマですね
自分とは少し違った視点だったので興味深く拝見させていただきました。

>長期的なトレンドとして、新しいモノを生産するプレイヤーから今存在している人・モノ・金・情報などのアセット(資産)の利用価値を高めて、世の中に流通・循環させていくことができるプレイヤーに付加価値が寄っていくと私は見ています。

これはまさにそうだと思います。マーケティングという言葉を物とインターネットが一緒になる時代に置いて、切り離して考える事は正直より難しくなっていくだろうと思います。

ソーシャルメディアを複数利用している方はわかるかもしれませんが、各社アリゴリズムの構成が異なるので、ユーザーに提供する価値(求められるコンテンツ)はより、メディアに合わせた物が求められるようになります。

加えて、双方向のコミュニケーションが重要になり、広告の価値は「ただ情報を知らせる役割から、まずは相手に興味を持って自分たちの話を聞いてもらうように説得する」段階に移行していくだろうというのが海外のデジタルマーケティングのトレンドです。

これを理解した上で、「実際にどういったデータを取り、そのデータをどのように活用するのか」というテーマが本格的に議論され始めるのが2017年だろうと海外のマーケティングに関わる友人と話していると議論になる事が多いです。
99designsをはじめて使ったときにクラウドソーシングによるクリエイティブのレベルが高いことに驚きましたが、これをアドネットに組み込むとCPCを低く、CTRを高くし続ける仕組みができるわけですね。

昨今、安かろう悪かろうのイメージがつきがちなクラウドソーシングですが、高付加価値モデルにはまだまだ成長性が残されているため、クラウドワーカーの教育システムとともにマーケットが健全に発展してくれればと思います。
透明性、クリエイティブというのは本当にそうだと思う。消費者の情報取得のスピードへ企業の活動は追いつくことができず、インターネット上のプラットフォームでは自分たち(消費者)だけのルールを作り始める。従って従来型の企業発信でのマーケティングが通用しない。いくら企業が「これいいですよ、買いませんか?」と言ったところで誰も見向きもしてくれない。すでにGoogleで検索された答えは企業が作ったウェブサイトだと消費者は皆分かっている。企業はどうするのか?小手先のテクニックではなく正直に透明性を持って、それをしっかりと伝えることができるクリエイティブ(このクリエイティブというのは見えるものだけではなく、事業のデザインそのものだったりもする)を準備しないといけない。数年前は企業の中でアートなんて言葉は存在しなかったがこれからはそれが当たり前の話題になる。
人、モノ、金

に加えて「コト」が大事になってくると思う。
記事中の言葉で言えば「顧客体験の向上」ですね。
正しいデータ解析が人を惹き付けるわけではない。表面ヅラを少しいじって少しCPCが改善する労力は、お金が余っていればやればいいけど、根本解決にはならんからね。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。