新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年に引き続き、今年もインド経済はICUの近藤先生に予測をお願いしました。トランプ政権の動向の重要性、16年に話題になった高額紙幣廃止の影響など、インド経済を展望する上で重要な論点が分かり易く解説されています。2017年にますます存在感を高めそうなインド。16年のうちに、新年のビジネスに向けて備えとなる分析だと思います。

近藤先生は国際機関での勤務もあり、実務的な視点も持つ大学教員。日系企業からもアドバイスを多数求められています。
表を見てほしい。6%以上の成長率 かつ 2017年は16年よりも成長速度が高い、つまり加速している にあてはまる国は、インド、フィリピン、ベトナム、しかない。その3国すべての大手決済代行会社に投資しているが、確かに16年は高い成長率を遂げた。来年も期待出来る。
「IMFの見通しでは、2015年、16年と同じように2017年もインドの経済成長率を欧米先進国だけでなく他のアジア諸主要国をかなり上回ると予想している。2017年は、インドの経済成長率の高さがますます注目される年となるであろう(下表)。」
記事に補足する形で基礎情報。①のSMBC資料にGDP成長率の需要項目別寄与度がある。安定的に高いのが民間消費で、まだ総資本固定形成がそんなに大きくないのが、中国と比較したときに特徴的。②の三菱UFGリサコンの資料に、産業別のGDP成長寄与度がでている。
http://www.smbc.co.jp/hojin/international/global_information/resources/pdf/info_asia_15_pdf004.pdf
http://www.murc.jp/thinktank/economy/analysis/research/report_160623.pdf
https://newspicks.com/news/1977736
こちらのコメントにも書きましたが今後30年くらいはインドが世界経済の牽引ドライバーとなる可能性が高いと思います。

無論、一党独裁・保護貿易の中国の成長とまともな民主国家のインドとを比べるのは酷で、それよりは山谷がある事と想定されますが、今のところモディ政権は就任から2年半、あれだけ地方自治が強く多様性が大きな国でありながらよく統治していると思います。
州政府が絡む間接税の存在はブラジルとの類似点として注目していました。インドの2017年のGST改革の帰趨は注目したい。ブラジルやロシアと違って資源輸入国なので価格下落がプラスになる国ではあると承知しているが、それにしてもこの図体でこの高成長予想が出ているとは・・・よほど内需が盛り上がると見られているんでしょうね。
個人的には高額紙幣廃止がモディ政権にネガティヴなんじゃないかと未だに懸念しています
インドが伸びると資源国であるブラジルも元気になるんでしょうかね。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。