新着Pick
673Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ある意味「東京から目線」かもしれませんが、地方都市へ行った際に洋服を買うという選択肢はほとんどありませんでした。

全部東京で買えるので。

最近はNYやロンドンに行った時ですらそんな感想を抱いてしまう始末。これは消費都市東京のバイイング力を褒めたたえるべきか・・複雑な心境になります。

ところが最近は地方都市に行った際に思わず財布の紐を緩めたくなるショップがちらほら。
先日軍地さんも挙げている尾道の友人宅へ遊びに行った際、尾道ジーンズを見かけ思わず購入しました。

美術館帰りに思わず展覧会の画集を買ってしまうように本当は自分、旅行先で何かを買いたかったんだなと実感しました。ただ今までは買いたいものがなかっただけだと。

最近地方へ旅行へ行くとセンスが良いローカルブランドが増えてきているのは嬉しい限りです。
ジェンダーレスに加えて、「半年区切り」というシーズンの概念もなくなりつつある気がします。
8月の夏真っ盛りに秋冬物を購入したり、2月の極寒のなか「春の装い」を提案するのもリアルじゃない、という気分になっている方が多いのではと思います。
慣例だけを見つめるとファッション業界は先端どころか時代遅れのシステムがまだまだ蔓延っていて、それを崇高なものとする意識も正直残っていると思います。
ファッションがもつ芸術的な側面は否定しませんが、そこだけを強調して裸の王様みたいな振る舞いをしていると、近い将来消費者に完全に見放される要因になるのでは、というのが今のところの所感です。
さあ、色々身を引き締め頑張ります。
示唆に富む記事でとても勉強になりました。
ジェンダーフリー、C2C、ストリート・クチュール、ローカルブランド等の軍地さんが挙げられた潮流をを一言で表すならば、「消費者目線」というよりも「分散化(フラット化)」がしっくりくる気もしました。
ファッションは疎いので、軍地さんのトレンドまとめ記事は非常に助かります。
下記のキーワードは、ファッションのトレンドでもあり、日本文化のトレンドでもあると認識しています。

①ジェンダーフリー
②C2C
③ストリート・クチュール
④ローカルブランド

ローカルブランドだとファクトリエのシャツを買いたいけど、高い・・・
https://factelier.com/
ローカルブランドは、ユーザーの母数は小さいが、熱狂的なユーザーがいるファンビジネス。一定層の共感と事業スケールのバランスをとれるかが、ローカルブランドにとっては鍵になりそうですね。

尾道デニムのような、地域で魅力的なPRをし、世界をも巻き込んでいく発想が大切になる。

漁師が1年はいたデニム、価格2倍に… 人気の秘密は?
https://newspicks.com/news/1972323
ローカルが力を持つ。マレーシアの人気ブランド「ブリディシュ・インディア」などをみていると感じることです。アジアの人気ローカルブランドという話題も、記事を書けるレベルまでリサーチをしたい。
ヒント満載の大予測。衣食住のうち、住はコストが高いのでチャレンジがしづらいですが、衣食はセンスのある人ほどこだわる印象があります。時代を読むベストな方法は、衣食のセンスのある人と付き合うことかもしれません。
軍地さんの記事、必読です。とても面白かった。特に「流行は都会から、その神話も崩れ始めている。日本の各地から地域発信のブランドが出始めている。」は、身をもって体感しています。私が大好きなジャパンブランドCoohemもまさに山形の繊維工場からの発信。
S、M、L、XLという全く当てにならないサイズ表記は無くならないのかな。インチ、センチメートル、どちらでも構わないので、数値で表記してくれた方が分かりやすい。ここはネットもリアルも一緒。
別の記事でもコメントしたのですが、宗教という切り口のファッションは今後も盛り上がる予感がしています。ムスリム系のファッションは人口や社会の変化とともに次の大きなトレンドになりそうです。
ファッションに関してネタは出尽くしているので、積極的な買い替えを促すより、comoliのように定番品をアップデートして作り続けるブランドがより一層強くなっていくのかな、と思いますね。アップル製品の売り方と似ているかも。

あと、裏原カルチャーを通ってきた世代のブランドが元気ですね。ストリートとモードの融合というか。この辺ヴェトモンもわりと近い感じで受け入れられたのかな、と思っていたりします。
服そのものより、生産のバックボーンなどストーリーと共に売っていく時代になりましたね(ATELIERのような個人セレショの台頭は個人的に注目しています。)。あとはインスタ映えするブランドタグの付け方とか(AURALEEとかYAECAはこれが上手いw)
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。