新着Pick
81Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
久々にnewspicksに寄稿しました。
膨れ上がった債務を減らさなければならない状況になった時から不良債権の調整過程に入り、企業倒産や個人破産、大量失業、経済恐慌、そして大暴動が起きる、というのが我々が歴史から学べるリスクです。

「人類の経済史上で、ソフトランディングに成功したバブルは1つもない」

有名な格言が外れる事を期待したいです。
来年はまた津上さんの中国経済記事が出てくると嬉しいのだが…記事に戻ると、来年の中国の金融政策は極めて重要だと思う。
まず冒頭の経済統計については、リバウンドではあるが、2015年がマイナスな部分を埋めているところが大きい印象で、それを来年維持できるかというのが論点。足元の戻りは、緩和的な政策が影響しているところがあると思っている。
緩和的な政策に対して、直近不動産では引き締めが出始め(①、②)、金融政策全体でもそうした議論が出てきている(③)。
通貨に関しては、ドル独歩高ではあるが、レートを巡る戦いと資本流出を巡る戦い両方がおこっているという理解。資本流出に関しては、ビットコインがその象徴。
https://newspicks.com/news/1920920?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1976146?ref=user_100438
https://newspicks.com/news/1959199?ref=user_100438
問題先送りは日本の専売特許かと思ってましたが、昨今は南欧や中国の方が酷いです。先送りのツケをいつ払うのかによって世界経済は大きく影響を受けそうです。
>政権内には経済政策についての意見の不一致があります。習近平の経済ブレーンはこれ以上借金を積み上げて成長をかさ上げするような政策に批判的で、痛みの伴う改革も我慢して進めるべきだという考えですが、李克強が率いる国務院(各省庁)は成長維持派が主流なのです。

そして、次のチャイナ7が習近平の太子党と李克強の共青団、どちらのメンツがより多くなるか。それは2017年の国内経済が(少なくとも表面上は)無難に推移するか次第。
マクロの影響もさることながら、ミクロをどう活用するかが重要な気がします。
最後の3つのパラグラフは南米諸国にとっても恐怖シナリオですね。大変参考になるレポートでした。
この連載について
プロピッカーとNewsPicks編集部のメンバーを中心に、NewsPicksに集ったプロフェッショナルが日々ウオッチしている専門分野の「2017年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、そしてイノベーションなど、各カテゴリで2017年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。
第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本の製薬会社である。 ウィキペディア
時価総額
4.84 兆円

業績