ホーム
67フォロー
819フォロワー
セクシー田中さん問題 コミュニケーション不足 日テレが調査報告書
毎日新聞
M. Riku次世代グローバル政策研究所代表
制作サイドによる制作サイド擁護のための内部報告書に近い。そのことは調査目的として原作者の死因究明を設定することから逃げた点に如実にあらわれている。そもそも原作サイド(小学館)へのヒアリングは対面ではなく書面であるなど、調査手法に疑義があるし、外部に公表する報告書なのであれば、第三者性を担保した調査チームを組織すべきであった。したがって、日本テレビの内部的には意義があるにしても、外部調査報告としては何ら意味のない体裁内容に終始していると言わざるを得ない。 ただ、日テレ内部にドラマ制作にあたって脚本家や社内、原作サイドに対して態度を変える(しかも嘘までつく)不誠実な人物が存在し、しかも調査報告で当該人物を一定程度擁護するといったように、会社としても今回の問題発生の本質を理解しておらず、今後も再発防止が期待できないことを対外的に明らかにした点では意味があったかもしれない。 また脚本家が諸悪の根源としてSNS上で攻撃対象になっていたが、やはり問題発生の主因は日テレにあることがうかがいしれたのは有用だった。しかし、脚本家による投稿は守秘義務の暴露的側面があり、原作者と十分なコミュニケーションがとれていないにもかかわらず、一方的お気持ちを表明した点はやはり糾弾されても仕方ない面が多分にあったため、報告書を読後も脚本家を擁護している一部の気持ちを理解することはできなかった。 日テレには今回の調査報告に対する批判を真摯に受け止め、あらためて第三者による調査チームを設けることを検討してもらいたい。
NORMAL