ホーム
19フォロー
33フォロワー
楽天G決算は15四半期連続の赤字、モバイル損失719億円
Bloomberg
高階 修松濤bizパートナーズ合同会社 代表 経営コンサル
IR資料まで見ましたが、無茶苦茶キツイのは相変わらずでした。 ARPU(契約者平均収入単価)2,500円、契約数1,000万回線、=月250億円くらいをモバイル事業の償却前利益でトントンの水準と設定してる様に読めます。回線数は5月13日時点で680万回線と書いてましたが「1万4,000円の三木谷キャンペーン」については触れてませんでした。回線数はともかく、ARPU2,500円は相当無理筋なハードルでしょう。 良い話もあり、この4月に売れた外債で2025年分まで社債の折返しには目処が立ちつつあるニュアンスで、財務の所は軽く流した書き方です。 また、前回の開示のとき話題になった「No Signal Availability」のデータを今回も出していました。丸めて言うと「回線信号が繋がらなかった比率は?」の品質指数が順調に改善していて、体感値はともかく指数データ上は「銀色と思われるキャリア」と、ほぼ同等水準まで進んでます。 700MHz帯は6月に商用サービス開始とありました。しかし帯域幅が上下3MHz×2しか無いのに、過剰な期待を煽る報道等が多過ぎます。まあパケ詰まりが起こったら、三木谷キャンペーンを終了なんでしょうねぇ。 追記:社内向けは、変わらず体育会系ノリでやってるみたいです。 https://twitter.com/hmikitani/status/1789909495000248455?s=61&t=GMfOQHcHMamymdicLSOwSQ
121Picks
NORMAL