Picks
207フォロー
667フォロワー
「小学4年生で人生が決まる」日本で進行する新型格差社会のヤバさ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
林原 麻里子AIGジャパン・ホールディングス/AIG損害保険 執行役員兼広報部長
教育格差については何度かすでにコメントしているので、ここではあえて「中学受験できるかどうかでその後の人生のルートがある程度決まってしまう」という点についてコメントしたい。 私の息子が通っていた文京区の某小学校は、9割以上が中学受験をするというすごい学校だった。 受験日が集中する2月1日には、6年生は約○人中5人しか登校しなかったという。 息子も中学受験をしたが、親子ともども熾烈な戦いだった。仲間たちと一緒になって最後までやり遂げたことは彼にとって、そして私にとってもいい経験になった。 結果として、周囲の子の多くは、超進学校に合格。息子が、行くことになった学校名を告げると、みんなバカにしたという。 泣いて家に帰って来たことを今でも鮮明に覚えている。 異常なまでの中学受験熱に乗っかってしまった自分が愚の骨頂だったといまだに思っている。 中学受験でその後の人生ルートがある程度決まるなんて、やはり何かおかしい。 いくらでも挽回劇はある。私自身がそうだ。なんども道をはずして、寄り道をし、はみ出してきた。 それがあっての今の自分だ。 管理職になってよく思うことは、大学のランクと仕事での能力は比例しているわけではないことだ。 一流校出ではないが、コミュニケーション能力が高くて積極的に、自発的に行動できる人たちがたくさんいる。 いい中学や大学に行くことがゴールではない。何をするかだ。自分が食べていけて幸せなことで十分ではないのか。
1251Picks
【西口一希】キャリアは挑戦と失敗で決まる
NewsPicks編集部
給食がなく急にやせた子も コロナ禍で進む「教育格差」の実態 〈週刊朝日〉
AERA dot. (アエラドット)
林原 麻里子AIGジャパン・ホールディングス/AIG損害保険 執行役員兼広報部長
教育格差については、高等教育の給付型奨学金の創設など進んだ政策もあるものの、やはり政策としての優先順位は依然として低いままで、抜本的な対策が行われたとは言えないと思っている。 教育格差の解消を目指すNPO団体Chance for Childrenによると、家計格差によって特に放課後で子供の教育機会の格差が3倍も開いているという。塾や習い事の部分だ。コロナ禍でさらに拍車がかかっているそうだ。 同NPOは、この格差を少しでも解消すべく地方行政と組んでこどもたちに学びの機会を提供してきた。現金ではなく、子どもたちが塾に行ったり、学校以外でのお稽古事などに参加する際に使用できる「教育クーポン」を提供するスキームを構築したのだが。寄付金不足で応募倍率は8倍。9年間で8300人以上のこどもがクーポンを入手することができなかったという。国内に支援を必要とする子供は実に173万人も存在するそうだ。 「家庭庁」の創設案がでているが、子どもの貧困対策の優先順位を上げ、単なる財政支援で片付く問題ではなく、いかに、子育て家庭を孤立させず、教育や地域などのつながりの中で、支えていくのかというマクロの視点に立って、問題解決を図っていってほしいと切に願う。
47Picks
NORMAL