Picks
78フォロー
866フォロワー
ピッチ内の戦犯探しの前に見るべき森保Jの大局。“設計力”の差がサウジ戦の結果に表われた
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
林 たつとバイヤー(物を買って売る仕事)
アウェイでの1失点よりアウェイで2点取れない設計力を見直したい日本代表。 やはり森保監督は守備ありきの大局論者で、基本的に攻撃は個のスキルや判断に任せているので、特に攻撃面での限界が見える。練習があまりできない代表なので致し方ない面もあるが、それでもまだまだ代表の攻撃力を最大化出来る余地は大いにある。 今回は主力を何人か欠いた布陣ではあったが、アジアでも日本の個だけでは点が取れない事を前提に攻撃力を高める事で、世界に通用する攻撃の設計力を身に付けながら、W杯という世界の舞台に執着し続ける事で、日本人選手の個の能力を高めていきたい日本サッカー。 例えば、攻撃面でバリュエーションを出せる人材を代表に呼んで、場合によってはいつぞやのアイスランドのように監督二人制を敷いてもいいのではないか。 日本人コーチで日本人選手の良さを活かした攻撃力を出せるのは、岡田JAPANの元でコーチを務めた大木武さんや、川崎や名古屋で監督を務めた風間八宏さんが浮かぶ。 欧州リーグが開幕しており外国人監督の流動制が低い今は、日本人監督を辞めさせて新たな日本人監督を据えるよりも、攻撃面を改善して今の代表をアップデート出来る新たな日本人コーチの招聘ではないだろうか。 https://newspicks.com/news/4534753?ref=user_142207
23Picks
菅首相、自民党総裁選への立候補見送り:識者はこうみる
Reuters
林 たつとバイヤー(物を買って売る仕事)
菅総理退陣によって、コロナ優先でも経済優先でもない中途半端な日本版ウィズコロナの終焉を期待してか本日のマーケットは株高で終えましたが、日本市場の売買シェア6〜7割を占める外国勢の見直し買いが、今後どこまで拡がるのかに注目したい。 ちなみに先週は、現物は売り越すも先物を買い越した外国人投資家は、現先合計で3300億円買い越しています。 識者ではなく素人としては、良い意味では性善説、悪い意味では楽観論に寄り添った結果、物凄い同調圧力が内需経済にかかり、外需企業は良いけど内需企業が悪いK字回復という分断経済をも生み出したこれまでの日本版ウィズコロナのウィズ緊急事態宣言。 そこから本格的な景気回復を目指すには、感染症下における悲観論に寄り添ったコロナ対策と性善説を大前提とした更なる経済支援による日本版ウィズコロナに変わることでその分断はまだまだ修復可能。 短距離走には弱いけど長距離走に強い日本人の耐性と特性が活きる政策を打ち出す政治の下で経済活性化が今後進みジャパンタイムとなれば、コロナ禍の世界経済をこれまで牽引してきた中国とアメリカに続くゴールデンタイムが日本マーケットに訪れることを少し楽観的ではあるが期待したい。
104Picks
NORMAL