ホーム
380フォロー
82520フォロワー
「インフルエンザ」早期流行で前倒し販売 保険加入者が半月余りで1万人突破
テレ朝news
大室 正志大室産業医事務所 産業医
インフルエンザの流行のピークは毎年冬期の3ヶ月程度。そして毎年約1000万人以上が罹患すると言われています。単純計算だと12週の内、1週間会社を休むリスクが10%近くある疾患ということに。ですので予防接種の対費用効果が高いのです。 一方のコロナワクチン、毎回副反応の高熱で1日2日会社を休む方もいますし、変異株の問題もあり流行のピークがインフルエンザより読みにくい。高齢者や基礎疾患のある同居人がいるなどのご事情、また料理人などは味覚障害嗅覚障害が仮に発生した場合の損失が大きいのでこのリスクのレイティングを上げるなどをし、副反応で必ず翌日高熱で会社を休む方はその損失を加味する。こちらはここの経済状況なやリスクで加入を判断するがん保険などと同じく今後はある程度個人が自分自身のリスクを見極め判断するものになりつつあります。 よく会社で両ワクチンについて質問されると、インフルエンザはコスパが良いので絶対おすすめ。コロナワクチンは医師の「公式見解」としては是非接種をです。ですが個別の事情やリスクとベネフィットを勘案して個人での御判断でも良いかもしれません。くらいのニュアンスで話します。 先日経済評論家の山崎元さんががん保険は自分にはいらなかったと書いていましたが、まだ個別事情でがん保険をつけたい方の人の気持ちはまだ分かります。ただインフルエンザ保険に関してどんな属性と方が加入しているのか正直想像がつきませんでした笑。
41Picks
NORMAL