Picks
387フォロー
12744フォロワー
Google社員、有給中の突然「レイオフ(一時解雇)」に唖然…終身雇用が崩壊しつつある日本でも普及しかねないレイオフに備えるためには
集英社オンライン
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
レイオフや整理解雇などの人員整理はこれから国内外を問わず増えるはずです。 ただ、そのレイオフが従来のような循環的な(一定期間毎の景気サイクルによる)というより、社会経済の構造的要因によるものになる、というのが私の見立てです。 一般論でいえば、古くからある産業でデジタル化が正しく進むのに伴い、その産業が抱えなければいけない(仕事が回らない)人員は減少します。当然、それに伴って、その産業の付加価値は増加し、他方その産業が提供するサービスの満足度は上昇します。また、これから新しいサービスが生み出される時は、最初からデフォルトの担い手として機械やAIを想定することになるはずです。 そうすることによって、マクロで見た社会全体のコスト構造を適正化していくということになる、という考え方が背景にあります。こうした動きは、まず成熟した先進国で進みますが、やがて先進国では若い働き手が希少となり、同時に高齢となった働き手も経年に伴い消滅していくので、社会の仕組みを持続可能なものにするためには、こうした動きは不可避なことだと考えるべき(人は放っていても減るので、企業は徐々に人手に過度に依存しない構造にしないと立ち行かなくなる)です。 これは、常にバランスの問題ですが、こうした変化を不自然に止めると、後でもっとややこしい社会構造の問題になるということでです。 この記事が結論として主張している「突然解雇通知をされても困らないように、個人のスキルを高めて、企業に依存しない意識を持つこと」はもちろん大事ですが、「社会は人口論の観点からも、産業構造の観点からも新しいフェーズに入った」という客観的状況理解が、必要なんだと思います。そこをしっかり理解すると、いろいろやるべきことが見えてくるはずです。
203Picks
【新プロ・オーナー】国際女性デーこそ「みんな」の経験談を
NPコミュニティチーム
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ライドシェア、自治体判断で導入可能へ 国交省が制度拡充案
毎日新聞
赤井 厚雄株式会社ナウキャスト 取締役会長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
NORMAL