Picks
45フォロー
8153フォロワー
最低賃金引き上げへ政府が支援策。その場しのぎにならないために必要な視点
ニュースイッチ
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
選挙を控え、都議選の結果のとおり与党勢力は危機感しかないので、妥当な政策だと考えます。 一方で、これが国力につながるかというと、マイナスにしかならないと考えます。 こんな環境だろうと、賃上げは100%賛成です。 一方、休業手当ては反対。株価は最高、利益最高もゴロゴロいます。もう1年半もたっており、いまだに何もできていない経営者は経営者ではないと考えます。従業員を守るために必要なことは、その企業に従業員を手放してもらうことです。 今回のことで補助金でしか生き残れない企業は、遅かれ早かれ逃げきれないでしょう。従業員も未来のある若手ほどに理解して動き出します。それを見て、中堅層も実力のある人から動きます。市場に通用する仕事の仕方をしてこなかった、教えてもらえなかったこれから退職迎えていくシニア層は年金も乏しく逃げ切れませんが、唯一の道は若手に日本全体を引き上げてもらうことです。 今縛りつかないことが、結果将来をハッピーにする。 しかし、これを腹落ちして行動するのは難しい。 結果、この記事のような政策に落ち着くのは致し方なし。 選挙で政権が多少は安定して、将来性のある政策を打てるようになることを期待します。
101Picks
【読書】経済学には今、「人間らしさ」が必要だ
NewsPicks編集部
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1347Picks
バンカーの仕事習得には週72時間が必要-JPモルガンのアードーズ氏
Bloomberg.com
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
どの業界でも、いつの時代でも、そのことに本気で取り組んだ人だけが一流となります。 人は誰もが同じように1日24時間があり、寝食を忘れて打ち込むなら人の2倍の効率で、2倍の時間をかけた方がいいに決まっています。 これは仕事はさせられるもので、シンドイものだと思っている人たちには到達できない感覚でしょう。 ほとんどの人は参考にする必要ないと思いますが、そのことに真剣に楽しんで向き合っている人を邪魔しないで欲しい。 バンカー時代に、残業規制によって新卒が18時に強制的に帰宅させられ、アクセスを監視されていたのは虚しいだけでした。 1日8時間で同じパフォーマンスが出せれば、誰も文句は言いません。しかし、同じパフォーマンス出せるなら、本人にとっては1日16時間やった方が成長します。 体力的にも若いうちしか1日16時間、365日やれず、歳とともに物理的に困難になってくるので、スーパートップを目指すなら、若いうちはそれくらいやった方がいいと私は思います。残業時間が月300時間とかなっていた時代が懐かしい。 そして、現代において、目指す必要はまったくないのも真理であることは付け加えておきます。食うにはまったく困らないので。
71Picks
銀行を味方につけろ。次世代企業が選ぶ銀行のポイント
PR: GMOあおぞらネット銀行 | AMP
【受賞】米議会が注目。インスタ/フェイスブックの「確執」
NewsPicksパブリッシング
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1069Picks
商業宇宙旅行へ、試験飛行成功 ヴァージンギャラクティック
共同通信
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
484Picks
【超実践】身近な事例で理解する、世界標準のマーケティング
NewsPicks編集部
砂田 憲治KabuK Style Inc. Co-CEO, Founder
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2549Picks
NORMAL