Picks
436フォロー
33355フォロワー
岸田総理 LGBT差別発言で荒井秘書官更迭へ 岸田総理「言語道断」政権幹部「多様性否定発言は今1番あってはならない」
TBS NEWS DIG
岸田首相「育休中の学び直し」答弁に批判 「育児してない人の発想」
毎日新聞
武井 涼子グロービス経営大学院大学/二期会 教授/声楽家
実態としては育休中を狙った学び直しビジネスは成功しているところも結構あるのですが、コミュニケーションの丁寧さや実態のメタ認知が不足しているためにわざと炎上を狙った発言みたいになってしまいました。 基本育休は育児のために働く時間が捻出できないから取るということなので、実態がどうであれ、時間があるなら働いていなくてはいけなかった時間に(政府が公に)学べばいいというのは、論理矛盾でわかりやすいツッコミどころです。 さらに、そもそも育休を取れる企業に勤めている時点でかなり恵まれた環境なわけで、育児者全員を対象にした話ではなくなってしまいますしね。まずは育休が全員取れる環境づくり、ついで育児負担の軽減…保育園などが活用できる風土と環境の醸成とか…の議論は尽くされていると国民が納得できている世論形成があってからだとこう言った議論が政府レベルであることは有益でしょう。 つまり今はまだ政府がこのディテールに突っ込む前に解決すべき課題(ルートコーズ)がたくさんありますので、このようなロジック的にツリーの下部に来る課題が急に首相の口から出れば、ますますみんな突っ込みやすいです。 このコメントはあくまで炎上の観点から書き始めたんですが、結果的にグランドデザインを論理的に構築することの重要性に私も気がつくこととなりました。問題解決はまずルートコーズ探しから。基本ですが大事ですね。
250Picks
NORMAL