ホーム
2231フォロー
875フォロワー
無断でCM内容を差し替え TBSラジオ、2年余り
共同通信
鳴海 里絵子NewsPicks Inc. Brand Design Strategic Planner
本ニュースだけは詳細が不明ですが、いずれにせよ看過できないことである前提で、審査プロセスの合理化や透明化なども課題ではないかなと思いました。 TVCMやラジオCMを放送する際、必ず放送局の考査が入ります。 具体的には、広告主の業種や業態に対する業態考査と、広告主が放送を予定しているCM素材そのものに対する素材考査です。素材考査では、放送倫理・放送基準、薬機法や景表法等の法令を守っているかをチェックするもので、今回問題になった考査は後者を指していると思われます。 この審査のプロセスは 広告主⇄広告会社の担当営業局⇄広告会社の各放送局の担当部署⇄放送局 にて行われますが、時に非常に微妙な調整や折衝が発生する場合があります。 具体的には、素材考査の基準が各放送局によって微妙に異なり、 ・A局ではOKだった素材はB局ではNG ・ニュアンスがNG ・注釈・留意事項の入れ方の指摘 ・聴取者にとって不快(かもしれない) など非常に曖昧な考査NGもあり得るかなと思われます。 これらの考査に対して、上記の各ステークホルダーと出し戻しを繰り返す中でコミュニケーションが煩雑化し、一方で放送日が迫り…などといった背景を想像してしまいました。
31Picks
NORMAL