Picks
9フォロー
98フォロワー
新型コロナウイルスは「中国から流出」と断定した、米報告書の「驚くべき内容」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
堀内 貴史テクノバイタル工業 取締役
とても説得力があります。公開されている情報や論文を一つ一つ積み重ねています。 ・武漢の研究所では2003年から雲南省のコウモリの糞からSARS様のコロナウイルスを抽出して人との感染を確認しようとする論文を出している ・2007年には遺伝子操作でスパイクを付与し、人の細胞への侵入を確認した論文 ・2013年にはやはりコウモリの糞から、遺伝子操作無しで人に感染するコロナウイルスを確認した論文 ・2015年にパンデミックに備えるために遺伝子操作で人に感染するウイルスを作ることを提言し、2016年には2013年に採取したウイルスを元に遺伝子操作による実験をしていたおり、論文によると実験の環境は「BSL-2(歯医レベル)」の防疫で行われていた など 一つ一つ論文を紹介して石氏などが人に感染しやすいコロナウイルスを苦心して作ろうとしている様子が伺えます ・COVID-19のウイルスは他のコロナウイルスよりも10倍も人への感染力が高い ・普通動物由来のウイルスは宿主への感染に適応しており後に人への感染力を高めるが初めから人に適応 ・武漢の研究所ではコロナウイルスの22,000件に及ぶ採取情報を公開していたが、2019年9月12日深夜に切断された ・その後のBBCのインタビューで武漢研究所の責任者の石氏は「パンデミックでサイバー攻撃を受けたため」と説明しているが、まだこの時には世界は何も知らない ・石氏の研究は最新の防疫施設のない古い施設で行われていた(歯科医院程度の防疫) ・石氏は2019年11月に初めてCOVID-19の原因のウイルスを雲南省のコウモリの糞であると特定した、という論文を出しているが、各方からの間違いの指摘があり修正しており、その後初めて採取した時期をずっと以前であることを認めた ・人民解放軍が関与していない、と主張していたが公開されていたホームページには関連に人物がいて、その後削除された などなど (この報告書は、「ドラスティック」というネットの集団が中国内の論文など集めて石氏などの嘘を集めて突き止めたもののようです。)
187Picks
NORMAL