Picks
130フォロー
20378フォロワー
ベラルーシにロシア軍9000人駐留へ 合同軍でウクライナに圧力
毎日新聞
ロシア プーチン大統領 ウクライナの2州を独立国家と承認 署名
NHKニュース
小泉 悠東京大学 先端科学技術研究センター 専任講師
今年2月21日にはドネツクとルガンスクについても「国家承認」をしていますので、ヘルソンとザポリージャはこれに続くものということになります。 ということはウクライナ軍はすでにずっとドネツクやルガンスクの自称「人民共和国」相手に戦争をしてきたので、ここにヘルソンやザポリージャが加わってもそう大きな変化はないでしょう。 一方、ロシアがこれらの地域を編入してしまうとすると、少し話が違ってくると思います。 ウクライナはこれまでロシア領内やクリミア半島に対する攻撃(サボタージュ、ドローン、ミサイル等)は行ってきましたが、地上部隊を侵攻させて領域を奪還しようとしたことはありません。 従って、ロシアに編入されてしまった地域を軍事的に奪還しようとした場合、何が起こるのかはウクライナ側にも西側にもはっきりとはわかっていないというのが実情だと思います。 もしかするとプーチン政権側にも確固たる方針はなく、出たとこ勝負である可能性もあります。領土を侵されれば核で対応するとロシア側は示唆していますが、それによって事態がどこまでエスカレートするかも確信は持てないでしょう。 ということで四地域のロシア編入はロシアにとっても結構な賭けだと思われ、日本時間今夜に行われるという演説でプーチン大統領が何を言うのか、注目しています。
232Picks
【直球】ウクライナ戦争は、いつまで続きますか?
NewsPicks編集部
小泉 悠東京大学 先端科学技術研究センター 専任講師
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
638Picks
NORMAL