ホーム
105フォロー
103フォロワー
【Ado】Z世代の「怒りの歌声」は国境を超える
NewsPicks編集部
山本 大貴営業企画
Adoというアーティストは、連綿と続く「日本のサブカル文化」の最高到達点であるように思います。 以下、私見です。 2000年代後半にボーカロイドが誕生して以降、たくさんのボーカロイドソング、いわゆる「ボカロ曲」が誕生しました。 そして、それらの曲をカバーして歌う配信者、「歌い手」も誕生。ニコニコ動画などのプラットフォーム内で盛んに発信されることで、日本特有のサブカルチャーを形成してきました。 とはいえ、誰でもなることができる歌い手という存在は、マイナスの意味で「歌手ではない」というニュアンスを含んで語られてきました。 上記の文化は、「サブカルチャー」の名の通り、決して大衆に支持される存在ではなかったように思います。 しかし、盛り上がりが落ち込む時期もあった中、「歌い手文化」は続きました。 そして、米津玄師/まふまふといったボーカロイド・歌い手文化をバックグラウンドとしたアーティストが登場することで、文化が少しずつ大衆に受容されていきます。 この流れの中で、素晴らしい能力をもった歌い手・Adoが誕生したのだと思います。 大衆が触れないような、時に「オタク」「いかがわしい」と言われる分野からスターが誕生したこの例は、我々に教訓を与えてくれるように思います。
152Picks
NORMAL