Picks
322フォロー
2331フォロワー
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
東洋経済オンライン
柴田 巧JIW 代表取締役社長/技術士(情報工学)
職業の意味と日本人そのものを考えさせられる記事でした。 需給のバランスから考えれば、誰もができない仕事か、誰もやりたくない仕事は供給が制限されるので高い報酬をもらえるはずです。となれば、看護師も教育者も建設業も介護士も、もっと高い給与であってもおかしくありません。 その中で安い賃金で働く人がいるということはどういう事か。たしかに使命感や、利他に対するやりがいもあるのでしょうが、生理的な社会の構成員たる所属欲求もあるでしょうし、見えざる階級意識または文化的な職業に対するステレオタイプもありそうですね。または仕事自体が楽しいということも。 さらに低賃金のものは公共性の高い職業が多いのも気になります。価格決定は国にあり、政治も絡むため、現場が大変でも安易に価格を引き上げられないということでもあるのでしょう。 しかしこの議論は、日本人自体にも当てはまるような気がしています。スマホをあけたら日本製、しかし時価総額や給料は他国とは大きな見劣りが。海外の研究にて疑問が投げられているわけですから、人間は皆、職業はお金だけではない、ということでしょうが、Compete, win, and donateの思想か、利他・愛の思想か、はたまたそれが社会通念上、許される職業か、といった教育、文化の問題にぶち当たるのではないでしょうか。 これからは、こういった議論を更に深め、一人一人の仕事に対する納得感や、教育や制度の改善を両輪で回していくことが必要なのでしょう。
697Picks
NORMAL