Picks
322フォロー
2451フォロワー
「5G」の先へ、NTTと富士通が提携…次世代通信基盤「アイオン」開発
読売新聞
柴田 巧JIW 代表取締役社長/技術士(情報工学)
IOWNには電力使用量の観点から期待が大きいです。 物理層だけでなく、EtherやIPと呼ばれる経路制御も光に置き換える点が技術的チャレンジであり、個人的期待のポイントです。 従来は光信号をスイッチと呼ばれる経路制御器が、光波形を01のデジタル信号に読み替え、電気信号としてコンピュータが読み解きデータを転送していました。ですからスマホ、パソコン、ホームゲートウェイ、モデム、局舎、IX、データセンタ、サーバと全ての機器で電力が使われています。 現在の年間データ量は数百エクサバイト。1ギガバイト超を転送できる5Gの数億倍のデータが1年間に処理され、電力使用量は全電力の2-5%と言われています。 データ量は年率24%で伸びており、2050年には20,000ゼタバイト(テラバイトの1000倍がゼタバイト)、電力使用量にして5,030ゼタワットアワーとの予想もあります。 通信以外も含めた電力使用量全体の伸びは年率2%程度で、IAEA国際原子力機関推計の試算では、2050年には700ギガワットアワーの使用量とのこと。通信の伸びが考慮されていないのでしょう。 ですから、通信関連の電力使用量の伸びがこのまま続くと、今想定される電力供給設備では賄いきれない。原子力を含め高出力設備需要が高まる、電力価格が上がる、通信依存比率が高まれば一人当たりの電力使用量もあがりコスト負担が増すことになります。そもそもCPUの処理能力や通信回線容量も気になるところ。。 電力使用量の爆発に対しての対策が必要なことは明らかでしょう。 ということで。この課題に対して我々が必要な対策は、広帯域なプロトコルかつ低電力消費な仕組みではないかと思い、IOWNに心から期待をしています!
432Picks
オンラインとリアルのハイブリッドな働き方に最適なワークプレイスとは
柴田 巧JIW 代表取締役社長/技術士(情報工学)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
301Picks
NORMAL