Picks
61フォロー
100フォロワー
​【予言】10年以内に「日本人初のノーベル経済学賞」が誕生する
NewsPicks編集部
中牟田 直英政府系金融機関 係員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
332Picks
【最先端】アジア人起業家が挑む、英会話分析AIがすごい 
NewsPicks編集部
中牟田 直英政府系金融機関 係員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
682Picks
【川名桂】東大卒の私がなぜ農業を仕事に選んだのか
NewsPicks編集部
中牟田 直英政府系金融機関 係員
地元の東京の新規就農を卒論のテーマにしたこともありとても興味深いです。そもそも生産緑地で新規就農をすることはとてもハードルが高い認識でおります。生産緑地は一度指定してしまうと相当年数(1992年の生産緑地法の改正内容に従えば30年)所有者が営農義務を負わなければならない等の制約もあり農地を借りること自体が困難な理解です。他方で、2022年は上記法律に従えば営農義務が解かれるということでかなりの生産緑地が転用されるのではないかという懸念も広がっております。その中で新規就農で土地を借りて農業をするという選択肢もあるのは土地所有者本人が営農の意思がなかったとしても農地として残すオプションにもなるのではないかと思います。 東京で新規就農ってそもそもイメージがないかもしませんが、この10年で着実に増えてきており、東京NEO-FARMERS!という東京近辺の新規就農者グループもあり、グループとしてマルシェや地元のスーパー等へ出したりと販路を広げていっております(その目的で作られたわけでもなかったような理解ですが笑)。良い意味でゆるーい雰囲気で集まっているので、新規就農者にとっても農業者間のネットワークの形成(新規就農ならではの悩み相談等)も気軽にできるのでこういうったグループの存在はとてもありがたいのではないかと個人的には考えています。設立者の方には卒論含め大変お世話になりました、東京の新規就農者の皆様を引き続き応援しております! https://www.tokyoneofarmers.com/
439Picks
「仕事ができる」と言われる人の時間管理術
ITmedia ビジネスオンライン
中牟田 直英政府系金融機関 係員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
888Picks
好決算5大銀行に2つの逆風 外債含み損、コロナ引当増も
日本経済新聞
中牟田 直英政府系金融機関 係員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
【時短】サクッと読める、NewsPicks「図解記事TOP10」
NewsPicks編集部
中牟田 直英政府系金融機関 係員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2001Picks
三菱UFJと日立、企業の脱炭素支援 融資やシステム提供
日本経済新聞
中牟田 直英政府系金融機関 係員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL