ホーム
834フォロー
397フォロワー
「大谷翔平選手が借金を肩代わりして、一緒に8回か9回送金した」元通訳水原一平氏がESPNインタビューに 大谷選手側「巨額窃盗の被害者である事が明らかになった」
TBS NEWS DIG
吉田 大ブラックベルトリーガル弁護士法人 司法省とも戦った米国弁護士
米国弁護士の見解:  大谷選手の選手生命を握るにはMLB規定21条 MLBは実に100年以上前の1919年に起こったシカゴ・ホワイトソックスの選手がワールドシリーズにおいて賭博氏から金銭をもらい故意に試合に負けた、通称“ブラックソックス事件”からの反省で、選手やマネージャーを含むすべてのMLB関係者の野球に対する賭博と違法賭博を禁止しています。 そのルールはMLB規定21条。MLBのゲームは常に最善を尽くした結果であるという証明のため、厳密なコンプライアンスを求められており、実に21条はすべてのクラブハウスと試合場のスタンドに掲げられているほどです。 MLBの選手は大スターであり、子供たちの憧れの対象でもあることを鑑み、“清く正しく美しく“あるためにも賭博ということは非常に重い意味を持ちます。 今回の報道で報じられているとおり、仮に大谷選手が水原通訳を救いたいという一心でも巨額のお金を違法賭博に関連しているとされる口座へ送金を行っていたのであれば、何を知っていたのか、少なくともプロフェッショナル団体であるMLB,雇用主である球団、そして一部で報道されている米国連邦税務当局(IRS)、司法省、窃盗を訴えている先であろうロサンジェルス警察、そして何よりファンに説明を求められるでしょう。 MLBが正式な調査を開始したと公式に発表があったことを受け、大谷選手としては選手生命がかかった対応になると考えられますので、信頼できるプロフェッショナルチームが支えていることを願うのみです。 大谷選手の選手生命を握るにはMLB規定21条かもしれません。
19Picks
NORMAL