ホーム
4フォロー
2366フォロワー
「年間学費200万超」英語ペラペラであえて日本の大学進学…全国で続々新設「インター校」のメリット・デメリット
PRESIDENT Online
瀬地山 角東京大学 総合文化研究科 教授
上の子だけ小4までインターに通わせました。米国籍で英語で子育てをしていたのと、小5からアメリカに1年行く予定があったためです。私自身が小5のときに突然アメリカの現地校に放り込まれてものすごく大変な思いをしたので、それだけは避けたいと考えました。下の子は連れて行っても小1で英語は残らないので日本の公立ルートにしました。  インターは2種類あって、日本の漢字教育をあまりやらないところと毎日日本の国語をやるところに大別されます。前者の方が明らかにきれいな英語をしゃべれるようになりますが、大人になってから2000字もの漢字を覚えるのは至難の業だと考え、後者にしました。  インターに通わせるのがブームのようになっていますが、英語だけできても意味はありません。アメリカの大学に行くのなら別ですが、「子どもの英語」と「大人の英語」は違います。知的な「大人の英語」は高校・大学で学ぶので、大学時代に留学して身につけることで間に合います。英語コンプレックスの裏返しなのでしょうが、語るべき中身がないまま「子どもの英語」をペラペラしゃべれるようにするために、何百万も払う必要はありません。
26Picks
NORMAL