Picks
59フォロー
109フォロワー
ソフトバンクG孫社長、「スマボ」で日本の労働人口は10億人に-講演
Bloomberg
百瀬 剛「信州AIサロン」AI人材育成コミュニティ 管理人
20まではAI革命を主軸においていたが、21年は「スマボ(スマートロボットを意味する造語)」が主軸となった。 ●前提 日本経済はこの30年で大きく低迷した ①世界競争力ランキング 1位 ⇒ 30位以下へ ②GDP 米国に大きく後れ、2000年から成長なし ③労働人口 2050年には4640万人と、全盛期の半数となる 【競争力 = 労働人口 × 生産性】 上記の式で言えば、日本の将来の競争力を危惧してしまう。 生産性はハイテクによりあげられるが、 AI、ロボティクス、IoT、等ハイテク分野全てで米国に引き離されている。 ●本題 【日本の復活の鍵は「スマボ」である】 スマボ(造語)は、ガラケーに対してのスマホのように、 既存の定型業務のみに対応したロボットに対して、 ①AI学習し、②臨機応変に、③全産業、に使用可能なスマートロボットだ。 このスマボの誕生が日本復活の鍵となる。 スマートフォンのように、日本国民一人1台スマートロボットを持つ世界が来る。それが【スマボ1億台で労働人口10億人構想】だ。 スマボは24時間稼働し、生産性はAIで効率化され3.5倍となる為、競争力は10倍になると計算され、1台で10人分の生産性を発揮する。 スマボの動作は人間の動作の機敏性を超えるだろう このスマボが1億台、日本に導入されると、10億人相当の労働人口に 労働人口が5千万人とすると、20倍の労働力 日本の人口が1億人だとして、一人1台のスマボが導入されると 労働人口10億人となる それぞれの業務に最適化されたスマボがあって良いのではないか ソフトバンクはこの新しい世界に向けて投資していく ソフトバンクは新しい時代を切り開く資本家でありたい 産業革命を切り開いた資本家がロスチャイルドだった 情報革命を切り開く資本家にはソフトバンクがなりたい ●具体 ・ボストンダイナミックス:20%の株保有を継続 ・アジャイルロボット:精密製造業のオートメーション化の可能性 ・AutoStore:AI・ロボティクスかによる倉庫高密度(4倍)化 などなど。 今回もとっても面白い内容でした。
898Picks
自動運転AIチップの「地平線」:シリーズC2で約415億円調達 開発加速へ
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
百瀬 剛「信州AIサロン」AI人材育成コミュニティ 管理人
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
東大教授と協力、中国発美容サプリ「UNOMI」 AI活用のオーダーメイドサービスで既存市場に挑む
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
百瀬 剛「信州AIサロン」AI人材育成コミュニティ 管理人
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
地味に凄い!人物写真から背景を抜くAI
note(ノート)
百瀬 剛「信州AIサロン」AI人材育成コミュニティ 管理人
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
AI電話後に安否確認漏れ 自宅療養男性死亡で知事謝罪
朝日新聞デジタル
百瀬 剛「信州AIサロン」AI人材育成コミュニティ 管理人
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL