ホーム
98フォロー
985フォロワー
アマゾン時価総額2兆ドル突破、175分の1で“ボロ負け”楽天はどこで道を誤ったのか? - 三木雄信の快刀乱麻を断つ
Diamond Online
大山 哲生Skylight America代表(シリコンバレーのコンサル会社) CEO
楽天のライバルはAmazonでない、みたいな「人は人、自分は自分」といった意見もありますが、まさに日本の苦境の実態を表している気がします。 それで成長できていれば良いのですが、もはやそうでないので、、 日本全体で直視しなければいけない部分は、 「10年間で日本のECトップの”時価総額”が成長してない」 という点。 連続増収をずっと達成しているにも関わらず、です。 売上伸びても企業の価値が変わってないというのは深刻じゃないですか?そんなの経営者の三木谷さんは百も承知でしょう。 なお、日本のGDPも名目ドルベースで見るとホントに悲惨ですが、これも「外からの視点」を忘れて独りよがりになった結果の盲目です。 ここは円ベースの実質GDPという”絶対評価”の利用が裏目に出た感じですよね。 そして、その帰結は国力の相対的な低下と、近年稀に見る円安による安い国になっちゃった状態。 Amazonライバルじゃないと考えれば気持ちは確かに楽なのかもしれません。 しかしビジネスパーソンは本来なら直接のライバルでなかろうと凄いものからは貪欲に学んで吸収しようとする生き物のはず。 あえて言うと、10年前くらいはライバルとみんな呼んでたのに、もはや呼べなくなるほど差が開いたっていうことの悲痛なメッセージに「ライバルじゃない」コメントは見えたりもします。 筆者の嘆きの裏にある国への憂いを正しく捉え、この低成長からの脱却のヒントを全力で見つけたいですね!
17Picks
グーグル親会社アルファベット、ハブスポット買収交渉棚上げ-関係者
Bloomberg.com
大山 哲生Skylight America代表(シリコンバレーのコンサル会社) CEO
結構コアな関係者の中では大方の予想通りという展開となりましたね。 GoogleにとってHubSpotというCRMソフトの買収は昨年度2378億ドルを稼いだ広告事業を軸に見ると分かりやすいです。 Googleの広告事業はこれまでGoogle Analyticsに支えられており、同機能は2005年にUrchin Softwareの買収によってGoogleに組み込まれました。 これによりコンバージョンのデータプロセスを可視化でき、広告事業は加速することになるのですが、同時期にGoogleはCRM企業の買収も目論んでおり、当時上場直後だったSalesforceとの協議を行っていました。 要はかなり長年CRMには目を付けていて、広告でリードを取った後の管理場所をGoogleは持っていないので、このパーツを揃えてMicrosoftに対抗しようというところではないかと思います。 ちなみにHubSpotの売上はGoogle広告事業の1%に過ぎない20億ドルちょっと。 なお、時価総額は300億ドル越えでGoogle史上一応最も大きな買収予定でした。 独禁法的にはかなり厳しそうな雰囲気ですが、このHubSpotのサイズ感から独禁法への抵触も免れるのではないかという期待値でGoogleは臨んだと言われています。 とはいえ、Googleの広告事業はかなり目を付けられているので、市場予想は「極めて難しい」のではというものでした。 また、明らかにGoogleの広告事業からするとHubSpotが小さく、シナジーというにはあまりにも影響が小さそうなので買収労力に対する効果が乏しいという頓挫派の主張ですし、狙いが若干よく分からないという意見も出ています。
26Picks
トランプ元大統領とのテレビ討論会におけるバイデン大統領の敗因:バイデンはalley cat、suckerと言うべきではなかった
米山明日香と学ぶ、今、話題の英語表現
大山 哲生Skylight America代表(シリコンバレーのコンサル会社) CEO
テレビ討論会の敗因はスポーツのゲームで言えば「あのシーンであぁしておけば」という視点ですね。 これを1つの試合から視点を少し引いてみるとまた別の世界が見えて面白いです。 特に、「誰が負けたのか」は実はあまり語られていません。   メディアなどはバイデン大統領の個人に本件を負わせていますが、忘れてはいけないのは彼が「民主党候補」であること。要はチーム戦であり、厳密に言えばバイデンを勝たせるのではなく、「民主党大統領を立てる」ことがゴールです。 そのための準備や戦略の失敗が今回の討論会で噴出しただけと見ています。 昨年後半からの公的な場でのバイデン氏を見ていたら、こうなる可能性が高かったのは明確でした。 (私も昨年末から今年の冒頭にかけて、NewsPicksのコメントで "討論会でヤバいことになる" と述べてました) リスクが表出化しない可能性に民主党は賭け、それに負けたというのが第一。 この時点で民主党が大統領選挙で勝てる可能性はかなり下がりました。 その一発逆転シナリオを探しているのが今で、そもそも圧倒的不利な状況で、サッカーで言えば0-3で後半15分くらい!? 現職大統領を出馬させないというのは党として政権否定にもなるので簡単ではないものの、このシナリオは想定できなかったわけではないので、それを怠った「民主党の準備不足と楽観主義」が敗因と私は考えます。 (高齢者に、「ちゃんと振るまえ」という要求自体が無茶ですよねw)
17Picks
米紙、バイデン氏の撤退要求 「より有能な民主党候補選出を」
共同通信
大山 哲生Skylight America代表(シリコンバレーのコンサル会社) CEO
アメリカには大統領に求める強烈な「格」のような不文律があります 民主党と共和党がどれだけ政策で対立しようとも、最後は大統領というリーダーのもとに国が集結する しかも日本よりもはるかに複雑で多様な国を統制するリーダーは、異常なまでの厳しい目に晒されながら選ばれる存在 その大統領候補者がこれほどまでに皆にいじられるというのは、残念ながらアメリカ大統領の格ではありません どれだけトランプが以前批判を受けていようとも、職務遂行能力が疑われたことはありませんでした   おそらく民主党側は以前から分かっていたが、自身から現職大統領以外の候補を立てるという「現政権の弱点」を晒すことがどうしても出来ず、わずかな望みにかけていたが失敗に終わったということでしょう これでトランプ勝ちはほぼ決まりでしょうが、トランプ陣営としては、実はバイデンに残ってほしかったのではないか 年齢が目立たず、何よりもトランプのほうがまともに見えてしまう、こんなありがたい対抗馬はいません 可能性は低いと思いますが、かつてのクリントンの大逆転のような若手の人気州知事あがりみたいな候補者が仮に擁立されるとトランプ陣営は計算が立たずにやりにくい 名前が常にあがるのは、いわゆる「格」としては申し分なく、次期大統領選挙への出馬期待もあるカリフォルニア州のニューサム知事 クリントンと同じ女性スキャンダルもあり、完全にシンクロ  ※ただし、相当古いので政治的には時効w 8月が正式な候補者指名なので、まだ間に合う 問題はカリフォルニアで大成功している彼が火中の栗を拾いにくるか ここは沈黙を守っているが、おそらくノー 長い目で政治生命を見て2028年を狙うはず そうなると現実的にはカマラハリスしかいないのではないか 人気はない、でも政権中に大きなミスもないので、勝てない可能性が高いが試合にはなる 党としては負けても一番悪印象にならないのは、副大統領の大統領昇格 最悪なのは議会も共和党に過半を取られることなので、そこのバランスで代替候補を選んでくると思われます なお、いずれにしてもポイントとなる条件は「バイデンが撤退を了承するか」 来週の独立記念日前後が一番の見もの カマラが候補なら、彼女の露出を自然に増やすのは間違いないでしょう
263Picks
バイデン氏は声がかすれ発言に詰まり…“民主党内にバイデン氏への懸念広がる”と米メディア トランプ氏とのテレビ討論会
TBS NEWS DIG
NORMAL