Picks
57フォロー
287フォロワー
受診控え、がん患者6万人減 20年、コロナ影響で初めて
共同通信
Notomi Tsuguto日本医科大学 女性診療科・産科 助教
確かに新型コロナウイルス感染症は社会に大きな影響を与えた新興感染症ですが、今や二人に一人ががんになる時代です。日本人の死因の第一位も「がん」です。 生きている以上細胞分裂の過程でがん化する細胞が生じることは避けられなく、がん治療がどんなに進歩してもみんなが確実に治るような夢のような治療というのは未だになく、やはり早期発見早期治療に繋げることが一番大事だと思います。 検診受診が減りがんと診断された患者さんが減ったということは、今後症状が出てからようやく進行がんとして診断される患者さんが増加することが懸念されます。あくまで体感ですが、緊急事態宣言が全面的に解除されてから急に進行がんの初診が増えたように感じます。(今の所まだデータはなくあくまで体感です) ですので「病院が無理やりがん患者を作っていた」というコメントは流石に的外れです…がんと診断すらされず亡くなる方はいるかもしれませんが。日々がん患者さんの診療にあたる者と感覚が違うことは百も承知ですが、このコメントやそれにいいねがついているのを見て、がん専門病院に勤務する者としてゾッとしました。もちろん、がんと診断されてもがんの種類によってはその方の予後に影響しない(結果的にがんでは亡くならない)方がいるのも事実です。しかし、それはあくまで適切に対処、管理された場合が殆どです。よく「100歳以上の方が〜万人」などのニュースでも「医療で無理やり生かしている」なんて意見が出ますが、医療にそんな力は殆どないかと。誤解のないようにお願い致します。必要な検診はしっかり受診してください。
13Picks
【医療ビジネス最前線】患者を救うのは、医者だけじゃない
Notomi Tsuguto日本医科大学 女性診療科・産科 助教
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
295Picks
NORMAL