Picks
806フォロー
1423フォロワー
G7であいさつだけ 不満噴出の韓国、首相が恐れたのは
朝日新聞デジタル
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
英国、接種が進んだのに感染が再拡大 ワクチンを過信?
朝日新聞デジタル
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
シンガポールではファイザー2回接種済みの医師なども感染しています。そもそもワクチンは発症予防、重症化予防の効果をおもに期待されています。 https://www.asahi.com/amp/articles/ASP2D6JNCP2DULBJ00K.html 感染拡大予防については、シンガポール政府は慎重な見方をしています。英国で感染が再拡大していますし、そもそも米英は感染済みの人も相当数いるので、発症が減ったとしてどこまでがワクチンの働きなのかは注意深く見る必要がある、という説明です。 一方、重症化については、自国の例も検討したうえで、抑える効果があるのではないか、との見方が強いです。ここがはっきりしてくれば、ワクチン接種が広がればかなり安心できるようになるのではないかと思います。 逆に言えば、ワクチン未接種のひとがそれなりにいる段階では、感染拡大が重症者や死亡者の増加を招く可能性があるということ。このため、クラスター周辺の検査を徹底しています。 日本でも急ピッチで接種が進んでいるようです。年度後半に向けて、あとひとふんばり、でしょうか。 追記)思ったよりも無料部分が長かった。ぜひ読んでいただきたいなと思います。ちなみに元データはこのあたりかなと。(私は筆者ではありませんが) https://www.gov.uk/government/news/vaccines-highly-effective-against-hospitalisation-from-delta-variant 入院に対する有効性→ファイザー96%(1回で94%)、アストラゼネカ92%(71%) https://www.gov.uk/government/news/vaccines-highly-effective-against-b-1-617-2-variant-after-2-doses 発症に対する有効性→ファイザー88%(33%)、アストラゼネカ60%(33%)
【解説】クッキーレス時代のマーケティング「5つの変化」
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1321Picks
【インド】第3波は不可避、8週以内にも到来の可能性[社会]
NNAアジア経済ニュース
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
国連も頼るリトアニア発の「リモート同時通訳」
NewsPicks編集部
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
734Picks
商社の社長やりませんか? 町が公募へ、条件は「移住」
朝日新聞デジタル
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
246Picks
NORMAL