Picks
106フォロー
58フォロワー
Quartz事業からの撤退および代表取締役CEOの交代について
ユーザベース
辻原 咲紀ILY, inc デザインファーム CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
374Picks
資生堂、2023年に広告媒体費の90%以上をデジタルにシフト…「今のスピードでは駄目だ」
Media Innovation
辻原 咲紀ILY, inc デザインファーム CEO
資生堂が2023年までにマーケティング領域をデジタルに90~100%移行するというものだ。この発表は驚きと同時に様々な示唆に富んでいる。 コロナの影響を鑑みると、オフライン広告(マス系広告)の脆弱性と非効率性は出稿者に対し大きくリスクであるためデジタル領域に注力というのは「そりゃそうか」となるが、消費者による商品の購入動向に合わせた出稿ということをイノベーター理論に照らして考えると「自分のニーズを満たすものが欲しい」はアーリーアダプターやアーリーマジョリティに当たる。 一方マス広告やオフライン広告が影響してきたのは「アーリーマジョリティ」や「レイトマジョリティ」達だ。(なので多くのベンチャーはあの坂を登り始めた中腹でテレビCMを打つのだ) つまりマス広告は企業にとって「流行ってる感」「メジャー感」を演出するための媒体だったと私は個人的に考えていて、この発表には重要な2つのインサイトが存在する。 —— ①資生堂はマスリーチより、ニーズの的確な個人にリーチする方が効率的であると考えている。 ②マス広告はもはや「アーリーマジョリティ」や「レイトマジョリティ」にリーチする媒体ではない。 ―― ①を鑑みると、メーキャップ領域は流行に左右される場面もあるのでマスリーチが有効であるように考えられるが、それをしないということは資生堂の主戦場はスキンケアになりつつあるということかもしれない。 ②を鑑みると、2023までにデジタル広告がレイトマジョリティまでを包括的にカバーし流行を作るようになるのかもしれない。その発信地はプラットフォームになるだろうから、tiktokやinstagramの広告戦略動向を今後も注目していきたい。 このほかいろいろ考えることがあるけど、すごいドラスティックだな〜〜〜と感心している。
608Picks
コロナに勝つ工場 サプライチェーンは進化する
日経ビジネス
辻原 咲紀ILY, inc デザインファーム CEO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
「アパレル業界を去る人」急増のワケ…もはや“夢を描けない業界”に
マネー現代
伸び続けるネット動画広告市場に潜む「死角」
NewsPicksアカデミア
辻原 咲紀ILY, inc デザインファーム CEO
「音」が死角というのは面白いなあと思いつつ、私は動画や音楽などのコンテンツはマルチスクリーン化がどんどん進んでいると考えていて 参考:https://www.videor.co.jp/digestplus/tv/2019/01/12717.html 今デジタルメディアがユーザーに働きかけられる「視覚」「聴覚」の2つの感覚器官のうち「メイン」と「サブ」を持てるのは視覚のみだ。動画は「視覚」と「聴覚」の組み合わせによってなっているが、広告は不意に差し込まれるものであるので「視覚」「聴覚」の両方をユーザーから「割り当ててもらえる」というのは結構難しいんじゃないかなと思っている。 一方、マルチスクリーン化がもたらすのは「メインとサブのスイッチングの容易さ」であってユーザーの注意を奪うことができればサブスクリーンがメインを強奪することができる。 そのトリガーが「視覚」か「聴覚」か、という議論は非常に面白いんじゃないかと思う。 そういえば最近「youtube広告からのヒット曲」というのも生まれている。ユーザーの再生リストの中に広告としてMVをフル尺で紛れ込ませる手法だが、この半年で急にチャートに現れ始めたVaundyは「不可幸力」をこの手法でガンガン回していたはず。不可幸力はビジュアルと楽曲の両方で強いインパクトがあった。「視覚」と「聴覚」の両軸からメインスクリーンに割り込んできた典型例だ。
1149Picks
NORMAL