Picks
95フォロー
6244フォロワー
「ローコード」の衝撃、2700億円評価のAirtableとは何者か
BRIDGE(ブリッジ)
入谷 光浩IDC Japan Senior Analyst, Software Group Manager
今、IT業界でバズってきているローコード(No-Code)。コーディングしないで、ドラック&ドロップでパーツを組み合わせるようにロジックとデータのフローを作成してアプリを作れてしまうツールです。ちなみに少しコーディングして画面とかカスタマイズできるものもあり、それをローコード(Low-Code)といいます。 記事で弊社IDCの調査も引用されていますが、コーディングできる人ってほんの一握り(人口の0.5%)。でもこれからのDX時代はがんがんアプリを作りサービスをどんどんリリースしていかないと競争には勝っていけません。そして社内業務もIT部門が作ってくれるのを待つのではなく、従業員自らが仕事で必要なアプリを作ってスピードを高めていかなけえればなりません。これからノーコードの需要はどんどん高まっていきます。 このAirtableはデータベースというか、データの流れを作る機能にたけています。簡単に他のサービスとつなげてサービスを作っていけます。かなりのユーザー数になっているようです。日本で一番近いのはサイボウズのkintoneです。今、kintoneはUSでも評価されてきています。AWSやGoogleもノーコードにかなり力を入れています。日本の企業もどんどん活用していってほしいです。 この記事のつづきはこちらです。 https://thebridge.jp/2020/09/airtable-raises-185-million-to-grow-its-low-code-app-platform-the-latter-part
166Picks
NORMAL