Picks
285フォロー
301106フォロワー
【新】家事が「最強のビジネストレーニング」になる理由
NewsPicks編集部
占部 伸一郎コーポレイトディレクション エグゼクティブコンサルタント
昔からある典型的な夫婦の描かれ方として、夫はサラリーマンで会社では威張っているが、家庭では専業主婦の奥さんに頭が上がらない、という構図がありますが、この説明として「家庭を司る人は社長だから」という説明があり、とても納得したことがあります 社長の仕事の一番は意思決定をすること。この意味で家事の中では無数の意思決定、それも考える軸が多様で、意思決定のための情報が十分に集まらないまま、多様な意思決定を日々積み重ねているということ。おなかが痛いと言っている子供を病院に連れていくべきか、家計という予算のなかでこれを購入すべきか、子供の長期的な成長のためにこれを経験させたほうが良いのか、などなど 一時期「名もなき家事」という言葉が流行りましたが、その中で多いのも「方針を決める」的な考える家事 やることが決まってる皿洗いとかゴミ出しなんて単なるdo そんな意思決定をしまくっている人に、決められた枠の中で働き自分では意思決定をさないサラリーマンが勝てるわけない、というのは大変納得した記憶があります 記事にあるタスクの分解や段取り的な話はもちろんありますが、こちらの「意思決定をすること」の方がよっぽどビジネスに活きる気はしています
531Picks
NORMAL