Picks
55フォロー
3637フォロワー
新型コロナ 死亡の20歳未満 半数が基礎疾患無し 感染症研究所
NHKニュース
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医・医学博士
オミクロン株の流行にともない、熱性けいれんをおこした小児が受診されることが増えており、最近の研究結果でもそのことが裏付けられています。 https://medical.jiji.com/news/53742 それだけでなく、脳症の報告も増えています。 最近、日本からも新生児の脳症の報告もあります。 ▷ Brain Dev 2022DOI: 10.1016/j.braindev.2022.06.010. そして最近、米国小児科学会雑誌(Pediatrics誌)に、小児病院52施設から退院した新型コロナに罹患歴のある生後2ヶ月~18歳未満の小児を対象に、神経学的合併症の疫学と転帰を調査したところ、 新型コロナにより入院した小児15,137人のうち、1060人(7.0%)が神経学的合併症がり、最も頻度の高い神経学的合併症は,熱性けいれん(3.9%)、非熱性けいれん(2.3%)、脳症(2.2%)だったと報告されています。 ▷Pediatrics 2022DOI: 10.1542/peds.2022-058167. 医師向けですが、子どもに対する新型コロナワクチンの有効性をみた報告、安全性をみた報告をまとめています。 ▷第1回:オミクロンに対する、小児のワクチンの有効性。ざっくりまとめ。 https://pediatric-allergy.com/2022/08/13/covid-19-7/ ▷第2回:(主に)子どもに対する新型コロナワクチンの安全性。ざっくりまとめ。 https://pediatric-allergy.com/2022/08/14/covid19-3/
20Picks
5~17歳のワクチン接種を推奨 小児科学会、重症者増で
共同通信
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医・医学博士
慎重な小児科学会が推奨するのは、それだけ必要な情報がそろった証拠とも言えるでしょう。 友人の紙谷先生の記事を共有します。 https://news.yahoo.co.jp/byline/kamidanisatoshi/20220717-00306066 簡単にまとめると… ▷5歳から11歳へのファイザー製ワクチンは、従来の量(12歳以上を対象)の3分の1の量 ▷初回シリーズは2回接種。接種間隔も3週間と大人と変更なし。 ▷デルタ流行期の2021年にこの年齢群で行った4500人以上の臨床試験では、5歳~11歳のワクチンによる抗体量は大人と同程度の量を確認し、さらに発症予防効果は約90%。 ▷全米の小児病院での5~11歳のオミクロン流行下の検討では、入院が必要なレベルの重症感染を防ぐ効果は68%(接種後約34日時点)。12歳以上の子ども達では、接種後6ヵ月を経ても重症化予防効果は維持されている。 (追記するとすれば、2回接種であると十分な効果が持続しないため、ブースター接種は必要となるでしょう(JAMA 2022; 327:2210-9.)。またオミクロン株(BA.1)へ改良されたワクチンも必要となるでしょう。) ▷5歳~11歳用のワクチンでは、発熱や倦怠感、頭痛といった副反応は成人と比べて頻度が低い ▷心筋炎の頻度は12歳以上と比べて少なく、男児でも100万接種あたり2~3例であり、ワクチンと関係なく自然に起きる(他のウイルスに感染などしておこる)心筋炎の頻度とほとんど変わらない頻度。 ▷新型コロナに対する免疫は、ウイルスに感染するか、ワクチンを接種するか、のどちらかしかつかないことは認識する必要がある。
22Picks
NORMAL