Picks
1フォロー
112フォロワー
トランプ氏復帰、賛成多数 マスク氏の米ツイッター投票
時事ドットコム
Motoki Amikaタイ滞在中
Twitterが偽情報やフェイクニュースが氾濫する世界になると困るというコメントを見て驚愕 Twitterはもともと偽情報やフェイクニュースが氾濫する場所でしょう そもそもSNS運営会社にはすべてのニュースに対してファクトチェックする機能はないので、Twitter社のフェイクニュース認定やアカウント凍結は全て恣意的な言論統制だとも言える。 中東や中国での反政府派アカウントが全く削除されず、政府擁護派のアカウントが次々に凍結されたり。ロシア擁護のアカウントも数千単位で消され、ロシア批判の若いアカウントが次々に増殖する時点でおかしい。(もちろんそういうニュースは欧米メディアから出てきませんが…) 個人的にはウイグル問題で中国領事のアカウントが凍結されたのは衝撃的。Twitterはウイグルに現地調査に行ってから、中国領事のツイートがフェイクだって認定したのか?そんなはずはない。 また、Twitter側が何らかの基準でつけている政府関係メディアステッカーは、個人にもつく。 イギリス大衆紙などの根拠なきレッテル貼りをソースとして、特にイランやロシア、中国の情報を発信する欧米人にこうしたステッカーを貼っている 貼られたアカウントのツイートはインプレッションが明らかに悪くなることがわかっている SNSなんて民意でもなんでもないし、所詮便所落書きなのに、それを尊大なものとして見すぎ
313Picks
中国の習近平氏、カナダのトルドー氏に立ち話で異例の抗議 動画拡散、いったい何が?
朝日新聞GLOBE+
Motoki Amikaタイ滞在中
実際に複数の動画を見てきました 欧米メディア(とそれに追随する日本メディア)の記事が如何に恣意的に情報を絞ってるのかを知っていただきたい そもそも外交儀礼では非公式会談の内容を外に漏らすべきではないとされている ビジネスでも議事録すら残らない立ち話をペラペラとまるで決まった内容かのように吹聴するのはルール違反でしょう それを外交の場でやってのけたのがトルドー ①中国とカナダの首脳会談は組まれてない ②中国と会談したいトルドーは休憩中に習近平に詰め寄り、立ち話を実施(非公式) ③カナダ有力紙で「中国とカナダの首脳会談が実施され、スパイ問題などを話した」とリークされる (選挙が近いトルドーの実績作りだと思われる) ④休憩中、習近平がトルドーに「非公式な内容を外に漏らすのは不適切。我々はそういうことをしないし、内容も違う。我々は互いに尊重し合うべきだ…」 トルドー「カナダは自由で開かれた会談うんぬんかんぬん」 習近平「(公式に会談したいのなら)まずは条件を整えて」 (握手して解散) 習近平(独り言のため訳されてない)「彼は世間知らず過ぎる」 ※この動画はカナダメディアが撮り、フル動画はまだ色んなところで見ることができるはず
習氏、カナダ首相に説教? 異例の振る舞い
AFP
Motoki Amikaタイ滞在中
実際に動画を見てきました 欧米メディア(とそれに追随する日本メディア)の記事が如何に恣意的に情報を絞ってるのかを知っていただきたい そもそも外交儀礼では非公式会談の内容を外に漏らすべきではないとされている ビジネスでも議事録すら残らない立ち話をペラペラとまるで決まった内容かのように吹聴するのはルール違反でしょう それを外交の場でやってのけたのがトルドー ①中国とカナダの首脳会談は組まれてない ②中国と会談したいトルドーは休憩中に習近平に詰め寄り、立ち話を実施(非公式) ③カナダ有力紙で「中国とカナダの首脳会談が実施され、スパイ問題などを話した」とリークされる (選挙が近いトルドーの実績作りだと思われる) ④休憩中、習近平がトルドーに「非公式な内容を外に漏らすのは不適切。我々はそういうことをしないし、内容も違う。我々は互いに尊重し合うべきだ…」 トルドー「カナダは自由で開かれた会談うんぬんかんぬん」 習近平「(会談したいのなら)まずは条件を整えて」 (握手) 習近平(独り言のため訳されてない)「彼は世間知らず過ぎる」 ※この動画はカナダメディアが撮り、フル動画はまだ見ることができるはず
4Picks
NORMAL