Picks
3フォロー
25329フォロワー
東芝に買収提案、英投資ファンドなど 2兆円超で非公開化
日本経済新聞
田中 博文ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社 Founder and CEO
上場維持のために虎の子の東芝メディカルと東芝メモリを売却し、ゴールドマンをFAとして、海外投資家から6000億円を調達した結果、最後は海外PEから、非公開化の提案を受けるとは、皮肉なものです。 確かに東芝は原発などエネルギー政策、国防の関係から、財務省そう簡単に承認するとは思えないですが、株主構成から言えば、東芝は既に「外資」です。 また、ここ最近のハーバード基金への圧力や信託の議決権不備など、事業以外の不手際も多く、投資家からの不振感が蔓延しているのも事実です。 今は、あの頃とは違い、政治も官僚も大企業も、コロナもオリンピックも、既に旧体制では令和の時代では生きていけないことを考えれば、いっそのこと、東芝クラスを非公開化して、ベンチャーの社長に任せた方が良い気もします。仮に外資の代わりINCJを入れたところで、あまり変わらないでしょう。 東芝は日本の大企業の壮大な「叙事詩」となりつつあります。 引用 非公開化の提案を受けて、東芝の取締役会は提案が株主の利益にかなうものか検討を始める。手法や価格が妥当か交渉し、提案への賛否を表明する。原子力事業を持つ東芝は2020年に施行した改正外為法で重点審査の対象となっており、財務省が事前審査することになる。
581Picks
半導体、持たざる経営に転機 有事に供給リスク
日本経済新聞
NORMAL