Picks
102フォロー
4319フォロワー
子ども・環境・お財布にやさしい「カケハシ電気」サービス開始のお知らせ
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
岩切 準Eduwell Journal 編集長
認定NPO法人夢職人が行っている困窮家庭の支援「Table for Kids」について、電力・ガスのOEM販売プラットフォームを展開する株式会社イーネットワークシステムズ(ENS)が提供される「カケハシ電気」の支援先となりましたことをご報告いたします。 お客様の電気代料金のうちの1%〜5%に加えて、電力会社(ENS)がさらに0.5%〜2%を上乗せして、「Table for Kids」へ寄付されます。 早速、「Table for Kids」の加盟協力店様や、ご支援者様より「カケハシ電気」への切り替えのご連絡を頂いております。心より感謝を申し上げます。リリースまでに長く準備をしてきたこともあり、ご協力を頂けたことに自然と涙が出ました。 「カケハシ電気」は、子どもや環境にまつわる社会課題への貢献ができるソーシャルグッドな電気を目指した新しい電力プランです。初期費用、契約手数料、解約違約金は一切かかりません。 電気料金が一番お得になる「エネとくプラン」、CO2排出量ゼロの「グリーンプラン」、ご寄付の割合が一番多くなる「子ども応援プラン」の3つのプランがあります。どのプランも地域の電力会社よりも安価な電気料金の設定となっております。 社会や環境に貢献して電気代もお得になる「カケハシ電気」を通じた「Table for Kids」へのご支援を何卒、よろしくお願いいたします。 ぜひ、まずは、「カケハシ電気」のウェブサイトから電気料金のシュミレーションで比較をして頂ければ幸いです。 ▼「カケハシ電気」の詳細 https://energy.yumeshokunin.org/ ​​▼「Table for Kids」の詳細 https://tfk.yumeshokunin.org/
3Picks
子どもの「食」応援クーポンの利用回数が1,000回を超えました! ~スマホ決済アプリを活用した​コロナ禍における新たな食の支援「Table for Kids」
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
岩切 準Eduwell Journal 編集長
認定NPO法人夢職人は、デジタル地域通貨事業を展開する株式会社フィノバレーと連携し、​​コロナ禍の経済的な事情を抱える子育て家庭を支援する「Table for Kids」(子どもの「食」応援クーポン事業)に取り組んでいます。 本事業では、経済的な事情を抱える子育て家庭に対して、協力加盟店の所定のメニューや商品で利用できる無料のデジタルクーポン(ポイント形式)を提供し、地域のお店と連携した「食」の支援を行っています。 「Table for Kids」の提供する子どもの「食」応援クーポンの利用回数が、支援を開始した2020年12月22日から8月17日までに1,000回を超え、これまでに概算で3,000食以上を提供することができました。 コロナ禍における支援のデジタル化の社会実装であり、特定の地域での有効性が検証されたと考えています。従来の子ども食堂等の支援が感染症対策の問題から難しくなる中、確実に継続的に届けられる食の支援になっています。 支援エリアを拡大し、より多くのご家庭へ支援を届けるため、​ご寄付をオンライン上で募集をしています。長期化するコロナ禍で経済的に厳しい状況の子育て家庭を支援するため、何卒、ご支援をよろしくお願いいたします。 ​​▼「Table for Kids」の詳細(寄付金の受付) https://tfk.yumeshokunin.org/
3Picks
子どもの「食」応援クーポンの新規利用家庭を7月29日より募集開始!~まちのお店が​コロナ禍で経済的に厳しい状況の親子を「食」で支援!
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
岩切 準Eduwell Journal 編集長
認定NPO法人夢職人では、デジタル地域通貨事業と展開する株式会社フィノバレーと連携し、2020年12月よりデジタル通貨・スマホ決済を活用した「Table for Kids」という新たな食の支援の取り組みを行っています。 経済的なご事情を抱えた親子に対して、公的証書の確認を含めて審査・選考を行ったうえで、まちのお店(飲食店や商店等)の所定のメニューや商品で利用できるデジタルクーポン(ポイント形式)を付与し、新たな「食」の支援に取り組んでいます。 まん延防止等重点措置や緊急事態宣言が繰り返され、子ども食堂等での食の提供が難しい中、支援開始から現在までに900回以上の利用があり、利用家庭の95%が「生活の役に立っている」という回答しています。 皆様からお寄せいただいたご寄付と助成金を原資に、コロナ禍で経済的に厳しい状況に置かれている子育て家庭への支援を拡大します。6月時点ではまだ原資が厳しい状況でしたが、メディアでご紹介をいただいた際に、全国から多くのご支援をお寄せいただき、大急ぎで新規利用家庭の募集に向けて準備を進めて参りました。 夏休みに間に合わせることができず、誠に恐縮ではございますが、できるだけ多くの家庭に、できるだけ早く支援を届けられるように、鋭意努力して参ります。
スケボー堀米雄斗が金メダル 男子ストリート初代王者に
毎日新聞
岩切 準Eduwell Journal 編集長
堀米選手、金メダルおめでとうございます。地元・江東区でも大いに盛り上がっています! 江東区の現状としては、区立公園でのスケートボードは全面禁止となっています。禁止というよりは、長年、そういう若者を排除する方針でやってきた区です。堀米選手もさぞ練習場所には苦慮されてきたことでしょう。堀米選手も練習場所として、大型の都立公園の名前を挙げてらっしゃいました。若者の声に耳を傾ける姿勢をもって頂きたいものです。 <江東区のスケートボードに対する委員会での答弁> 2020-06-12:令和2年建設委員会 本文  施設保全課長 区立公園では、スケートボードは全面禁止としております。しかしながら、竪川河川敷公園の竪川人道橋付近でも、スケートボードによる陳情がございました。そのため、スケートボード禁止の看板を設置したほか、指定管理者が現地に行き口頭注意を行いましたが、なかなか改善されず、広場をバリケードで覆いまして、スケートボードを物理的にできなくいたしました。 結果、この場所でのスケートボードは少なくなりましたが、今度は昭和橋の広場でスケートボードを行うようになっておりまして、そちらについても、今後、同様にバリケードで覆う予定としてございます。
526Picks
NORMAL