Picks
39フォロー
1245フォロワー
安保理 ガザ地区の停戦決議 アメリカ拒否権で否決
NHKニュース
相良 祥之地経学研究所 主任研究員
1989年以来の重い決議案だった。国連憲章99条は「事務総長は、国際の平和及び安全の維持を脅威すると認める事項について、安全保障理事会の注意を促すことができる」と定めており、きわめて深刻な紛争について事務総長が安保理に決議採択を求めてきた。国連ができて78年、正式に発動されたのは6度しかない。最後は1989年のレバノンについて。 人道的休止が7日間で終わってしまい、イスラエルによるガザ南部侵攻が進むなか、グテーレス事務総長は、この重い条項を発動し、人道的な惨事を避け、安保理に人道的停戦を求めた。理事国15か国のうち日本を含む13か国は賛成したが、イギリスが棄権、そしてアメリカが拒否権を行使して、決議は採択されなかった。 イスラエルの声を代弁するアメリカは、決議案がハマスの「テロ攻撃」に明示的に言及することなく、パレスチナ寄りだと説明。無条件停戦はハマスがイスラエルを再び攻撃できるような状況を作るため危険であり、反対する、と述べた。 ハマスに拉致された人質が残っており、イスラエルは反ハマス掃討作戦を継続している。一方で、ガザでは住居の半分以上が、破壊された。220万のガザの人々のうち8割以上が家を追われ、避難民になっている。人道的な惨事が続いている。
83Picks
NORMAL