Picks
30フォロー
705フォロワー
外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(44) タリバン政権のアフガンは再び震源地になるのか
J-CAST ニュース
相良 祥之API 主任研究員
9.11後、米国とその同志国がタリバンを制圧して以降、国連の政治ミッションもアフガニスタンで活動を続けてきた。9.11の前後で、国連の政務官としてアフガン問題に深くかかわった川端清隆・福岡女学院大特命教授のインタビュー。9.11後はブラヒミ国連事務総長特別代表の補佐官を務めておられた。 このへんの話は川端先生ならではの貴重な証言。 >ブラヒミ氏が特別代表になって以来、川端さんは何度か米政権と折衝にあたった。ワシントン訪問中に一度、国務省の窓のない一室に招かれた。米国の外交官、CIAや軍の担当者から、タリバンに関する安全保障ブリーフィングを受けた。だがその内容は通り一遍で皮相なものでしかなかった。  国連には諜報能力こそないが、アフガン各地に人道支援や政治ミッションのネットワークがあり、現地から生の情報が送られてくる。そうした情報に比べると、当時米国がつかんでいた情報は研究者の論文をまとめたようで、政策立案の役に立たない抽象的なものでしかなかった。  国務省を出てからブラヒミ氏は、「米国が国連に何か隠していることを切に望む」と川端さんに皮肉な言葉を漏らしたという。川端さんはいう。 「米国は、いったん集中すると大変な諜報力を発揮する一方で、その集中力は長続きせず、驚くほど緩慢で無能になることがある。本当に不思議な国です」 >アフガンの和平合意をまとめたブラヒミ特別代表は、当時の小和田恒・国連大使氏と関係が良く、一時期外務省は東京での和平会議開催に前向きだった。しかし、和平会議が01年秋まで伸びて小和田大使が離任してしまうと、日本政府の熱意は冷め、ドイツに成果を譲ることになった、と川端さんは振り返る。
1Pick
北朝鮮労働新聞「射撃訓練で列車からミサイル発射」と報道
NHKニュース
相良 祥之API 主任研究員
新型のミサイルシステムを出してきたことで、まずは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射に成功した韓国に対抗したものと見たほうがよさそう。そっちが潜水艦なら、こっちは鉄道移動だと。 鉄道移動式なので核戦力の残存性向上につながる。比較的安価でソ連も導入していた。路線は空からでも見えるが、車両より迅速に輸送できるし、今回のようにトンネルを出たすぐのところから発射できる。 ミサイルそのものはロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」の北朝鮮版「KN23」に近いのではないかと見られている。通常よりも低高度で変則的な軌道で飛翔するのもこれまでどおり。ただし飛距離が伸びた模様。防衛省の昨日の発表によれば、今回のミサイルの軌道は最高高度で約50km程度、最後は変則軌道で約750km程度飛翔し、日本のEEZまで届いたと推定。2019年に北朝鮮が発射していたKN23の飛翔距離は600km程度だった。北朝鮮は秘匿性と即時性、そして奇襲的攻撃能力をさらに向上させてきた。 ところで北朝鮮は1月の第8回党大会のパレードでSLBMの新型「北極星5」を公開しており、次はSLBM発射だと見られていた。韓国のSLBMに見劣りするから今回は控えたということだろうか。 その代わり、先日発射した巡航ミサイルは、2時間以上も1,500kmを飛行し続け標的に命中したとしている。このへんの組み合わせで奇襲性を高めようとしているということだろう。
55Picks
北朝鮮が長距離巡航ミサイル試験発射
TBS NEWS
NORMAL