Picks
147フォロー
113フォロワー
ノーベル経済学賞にバーナンキ元FRB議長ら 日本の初受賞ならず
日テレNEWS
村上 茂久株式会社ファインディールズ 代表取締役
バーナンキは元FRBの議長で実務家というイメージが強いかもしれませんが、アカデミックにおいてもマクロ経済学の分野(とりわけ金融危機や恐慌論)で相当な実績があります。 ローマー※1が書いた一昔前の大学院レベルのマクロ経済学の教科書「Advanced Macro Economics」のreference※2でバーンナンキは13本もの論文が引用されています。しかもそのうち経済学の専門雑誌の最高峰American Economic Reviewが4本も引用されています。 ※1ちなみにノーベル賞を受賞したポール=ローマーとは別のローマーです。 ※2参考文献のページ、そのページだけで37ページもある。 これはどのくらい凄いのでしょうか。他の経済学者が本書で引用されている論文は以下の通りです。 ・サミュエルソン(1970年ノーベル経済学賞受賞。新古典派総合を完成させる。)…3本 ・ミルトン・フリードマン(1976年ノーベル経済学賞受賞。シカゴ学派の総帥)…8本 ・トービン(1981年ノーベル経済学賞受賞。投資関数におけるトービンのQはあまりにも有名。最後のケインジアン。)…4本 ・ソロー(1987年ノーベル経済学賞受賞。成長論の大家。マクロ経済学を学ぶ人が最初の大きな壁にぶち当たるのはおそらくソローモデル)…6本 ・ルーカス(1995年ノーベル経済学賞受賞。ルーカス批判で有名。合理的期待学派)…12本 ・スティグリッツ(2001年ノーベル経済学賞受賞。情報の非対称性で受賞。) ・プレスコット・キッドランド(2004年ノーベル経済学賞受賞。動学的非整合性は金融政策の研究に大きな影響を与える。)…3本 ・クルーグマン(ノーベル経済学賞受賞。ケインズの流動性の罠は彼が復活させた。)…3本 一昔前の大学院レベルのマクロ経済学の教科書において、バーナンキはこれらノーベル経済学賞受賞者よりも多くの論文が引用されています。これがバーナンキのアカデミックでの実績になります。
213Picks
【最新版】イーロン・マスクの巨額買収「5つの論点」
NewsPicks編集部
村上 茂久株式会社ファインディールズ 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
733Picks
NORMAL